私が半年間無職でも明るくいられた理由~バイリンガルニュースがあれば、人生は楽しい。

私は以前、新卒で入社した会社を辞め、その後無職の期間を過ごしました。

その間はずっと転職活動をしていたのですが、新卒入社した会社を短期間で辞め、これといったスキルも身に付けていなかったために、転職先はなかなか決まらず、無職の期間はおよそ半年間となりました。

しかし、それだけの期間、無職であったにも関わらず、私はあまり精神的に落ち込むようなことがありませんでした。

一つの理由は、前職を辞めるのとほぼ同時期から、彼氏が私と一緒に住み始めてくれたからです。毎日会話をしてくれて、夜、一緒に寝てくれる人がいるというのは本当に癒されることで、彼にはどれだけ助けられたかわかりません。

ただ、そんな彼も会社員だったので、平日は朝から晩まで仕事でいません。

朝、彼を玄関から送り出すと、夜になって帰ってくるまで私は家に一人。そんな毎日でも、再就職への焦りや不安は多少ありましたが、不思議なくらい、「寂しい」という気持ちには全くならなかったのです。

それは間違いなく、ポッドキャスト番組「バイリンガルニュース」のおかげでした。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

あなたのお部屋にMami & Michaelが!

このブログでも何度も紹介しているバイリンガルニュース。

iTunesの大人気ポッドキャスト番組で、Mamiちゃん&Michaelという若い男女が英語と日本語をミックスした会話で世界のニュースを紹介するという内容です。

Michael & Mamiの「バイリンガルニュース (Bilingual News)」の過去エピソードを無料ダウンロード、または今後のエピソードを無料登録。

世界のおもしろニュースや、日本語ではほとんど情報がないような最新ニュースについて聴きながら英語を学ぶことができ、2013年の配信開始以来、高い人気を誇っています。私も、もはやバイリンガルニュースなしの毎日は考えられなくなってしまった中毒者の一人です(笑)。

このポッドキャストを、私は家にいる間中聴いていました。うちにはテレビはなく、「人の声を聞きたいなあ」と思ったときに最適なのがポッドキャストだったのです。

さらにバイリンガルニュースのいいところは、台本なしの自然な会話だという点です。

MamiちゃんとMichaelは芸能人でも何でもなく、スタジオでも何でもないMichaelの部屋で、ぶっつけ本番の会話を収録し、公開しています。

そのため、Michael宅の近くを通る救急車のサイレンやクラクションが聞こえたり、宅配便のチャイムが鳴って中断したり。でも聞きづらいということはなく、むしろそれがバイリンガルニュースの愛しいところ。

この「作ってない」感、「ほんとーにただの友だち同士の会話」感が臨場感を出していて、まるでMamiちゃんとMichaelがすぐそばで話をしているかのような気持ちにさせてくれるのです。


バイリンガルニュースを聴いていると、マミちゃんとマイケルがうちに遊びにきてだべってるみたいな気持ちになる。

洗濯物をたたみながら、お皿を洗いながら、もやしのひげ根を取りながら。私は何十時間も、Mamiちゃん&Michaelと話をしました。だから私はずっと、一人じゃなかったのです。

「人の声を聞く」というだけならテレビやYouTubeの動画でもよさそうですが、そういう、わざとらしくこちらに向かって語りかけてきたりする「作り込まれたもの」よりも、くしゃみしたり噛んだり沈黙したりしながら自然に流れていく本物の会話の方が心を満たしてくれるということは、私にとっても大きな発見でした。

どんな人生でも大丈夫。世界の広さを教えてくれる

また、バイリンガルニュースでは、時々多彩なゲストを招いてのトークが行われます。このゲストたちが、それぞれ好きなことをしっかりとやって生きている個性的な方々で、聴いているだけでとても元気が出てくるのです。

特に私は第176回のゲスト、「エンジニア冒険家」の高橋有希さんのトークがとてもお気に入りで、何度も繰り返し聴きました。

バイリンガルニュースを聴いていると、自分の中の常識や既成観念が溶けてなくなっていくのを感じることがあります。

高橋さんの話を聞いたときも、「縛られていた何かから解放される感じ」を何度も味わいました。

宇宙物理の専門家で、イーロン・マスク氏率いるスペースX社で働いたこともある彼が「数か月ごとに仕事を変え、数か月働いて、数か月旅をしている」「バックパックとテントを持ってどこへでも行ける。お金はそんなになくても自分は楽しく過ごせるから、安定はしていなくても平気」と話すのを聞いて、当時「新卒で入った会社をやめるかどうか」で何か月も悩んでいた自分がおかしくなってきました。

↓高橋さんに関する記事。
http://type.jp/et/log/article/takahashi_tabi

こうしてバイリンガルニュースによる「脱・常識」教育(笑)を受けて、様々な「ぶっとんだ生き方」を知っていた私は、「半年で新卒入社の会社をやめた」くらいではまだまだレールを外れきれていないとわかっていたし、広い世界では日本社会の王道ルートから外れたことなんて全然大したことではない、むしろ成功への第一歩だと本気で思っていて、寂しさや不安を感じずにすんだのです。

ありがとうバイリンガルニュース

新しい仕事に就いて働くことを再開した今も、抗いたくなる「常識」に直面したりしたときにMamiちゃんやMichael、個性的なゲストの方たちの言葉を思い出しては元気づけられています。

バイリンガルニュースのおかげで広い世界を知っていること、そして少しずつだけれど確実に英語力が上がってきていることから自分に自信が持てるようになっていて、合わない人や理解できない考えの人に対しても「こんな人もいるんだなあ」と一歩引いて考えられるようになっているのです。

私は、「バイリンガルニュースを聴くまでは、自分は目をつぶって生きていた。バイリンガルニュースを聴いてから、やっとちゃんと目を開けて生きる人生が始まった」とさえ思います。

もしも今、社会の「常識」に違和感を持って苦しんでいる方や、そこから外れた生き方をしようか迷っている方、外れてみたものの、これでいいのか悩んでいるという方は、ぜひバイリンガルニュースを聴いてみてください。

きっと、思っていたのの200倍くらい、世界は広いということがわかって、そのどこかには自分の居場所が必ずあるという気持ちになれますよ。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

★この記事をシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

★Yukiをフォローする