日本では25歳以上で大学で学ぶ人がとても少ないということ

日本では、25歳以上で大学や大学院で学ぶ人が少ないということを聞きました。気になる話題だったので、具体的にどのような状況なのか調べてみました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

大学入学者に占める25歳以上の割合、日本は世界最低レベル

下記の文部科学省の資料に、大学等で学ぶ社会人に関するデータがまとめられています。

社会人の学び直しに関する現状等について-文部科学省

5ページに、OECD各国における「大学等への入学者のうち25歳以上の人の割合」のデータがあります。日本では、25歳以上の大学入学者はわずか1.9%。OECD平均の約18%と大きな開きがあることがわかります。

なぜ社会人が学びにくいのか

そして、社会人の大学院への進学が難しい理由は次の通り。「そんなお金も時間もない」ということのようです。

3位には「職場の理解が得られない」ということがきています。それもそのはずというか、企業側への調査では約半数の企業が「社員の大学院での修学を原則認めない」としているのです。

企業が社員の修学を認めない理由についての調査結果がありました。こちらは文部科学省の委託事業で行われた調査です。

「社会人の大学等における学び直しの実態把握に関する調査研究」報告書

最も多い理由は「本業に支障をきたすため」で50%以上。「とにかく目の前にある仕事をしてほしい」「会社の仕事に専念してほしい」といった姿勢を感じます。

長時間労働でも社会人修学率が高い韓国

先に提示した「社会人の修学が困難な理由」に、「勤務時間が長くて時間がない」というものがありました。「長時間労働に苦しむ日本の社会人に、大学院で学ぶ暇はない」というのは当然のようにも思えます。

私は大学院で修士号を取得しましたが、フルタイム院生でも大学院での研究はとても忙しくて、正直「本業のかたわら…」なんてとても無理という感じです。社会人学生の方々は本当に尊敬します。

ただ、一つ興味深いことがあります。お隣の韓国の状況です。下のグラフは、厚生労働省が発表した平成28年の過労死等対策白書における、各国の雇用者一人あたりの年平均労働時間です。見ての通り、韓国は日本以上の長時間労働社会なのです。

そんな韓国では社会人の修学率はさぞ低いはずと思いきや…韓国での25歳以上の大学入学者の割合は17.3%と、日本よりもずっと高くなっています。

そういえば、以前の記事でも言及しましたが、韓国は日本よりも人口が少ないのに留学する人の数は韓国の方が多いというデータもありました。

世界最高レベルの長時間労働社会である韓国で、社会人の修学率が高いのはどうしてでしょうか?私にはその理由はわからないのですが、その答えに日本の現状を変えるヒントがあるかもしれません。

まとめ:「学び」をとらえ直すべき

文部科学省は25歳以上の日本人の修学について様々な調査を行っているようですが、その際にたびたび「社会人の学び直し」という表現が使われています。私には、この表現は少し違和感がありました。

「学び直す」というと、「大学生のときにやるべきだったことができていなかったので、やり直す」みたいな印象を受けます。

「学び直す」という表現になる背景には、「大学とは人生の一定の年齢の時期に行くところであり、一度出たら普通は戻らないもの」という考えがあるように思います。

でも、大学や大学院は社会人のキャリアの先にあっていいと思います。社会人が大学で学ぶということは「やり直し」ではありません。新たに知識を得て、キャリアをさらに先へ進めるものであり、「学生時代に学べなかったことを学び直す」のではなく「社会で働く経験をした今だからこそ学べること、学ぶ意味のあることを学ぶ」ということだと思います。

私自身も大学院でたくさんのことを学び、会社員として働く今でも、大学院で身につけた「自分で問題を設定する能力」や「調べる能力」などが大いに役立っています。年齢に関わらず、大学や大学院で学ぶことは本当に素晴らしいことだということを、ぜひ多くの人に知ってもらいたいなと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

★この記事をシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

★Yukiをフォローする