同棲して1年、1度もケンカしていない私たちの家事分担法

彼氏と一緒に暮らし始めて、1年と1か月ほどが過ぎました。

約3年の交際期間を経ての同居でしたが、開始当初は「一緒に暮らし始めたら、色々合わない部分も出てきてケンカもしてしまうかな?」と思っていました。

でも実際に同居してみると、確かに生活習慣の違いに驚くようなこともありますが、互いに家事を押し付け合ってケンカするようなことは今まで一度もなく、仲良く暮らせています。

彼も色々と我慢したり気を遣ったりしてくれていると思うのですが、私たちがぶつかることなく暮らせているのは、私たちの独自のあるルールのおかげかもしれません。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

「より気になる方がやる」

私たちの暗黙の家事ルールに、「より気になる方がやる」というのがあります。「相手のやり方だと文句を言いたくなるような、こだわりのあることは、自分が担当したらいい」ということです。

例えば、洗った食器をカゴに伏せて乾燥させるとき、私は重くて大きい鍋やフライパンを下に、軽いものをその上に置きます。

ところが彼氏は私と逆のやり方をします。彼には「重たい鍋やフライパンは一番最後に洗う」という習慣があるようなのです。

ここで重要なのは、「どちらのやり方が正しいか」ということではなく、どちらが「相手のやり方だと、文句を言いたくなる方」か?ということです。

彼は、自分とは逆である私の食器の重ね方を見ても、特に文句を言うことはありません。一方私は彼のやり方を見ると、「逆の方がいいのになあ…」などと、つい口を出したくなってしまいます。つまり、食器の重ね方に関しては、私の方が口うるさいのです。うちのルールでは、「文句を言うくらいなら自分でやれ」。だから食器洗いは基本的に私の担当です。

逆のこともあります。食器洗いについては細かい私ですが、実は掃除があまり得意ではありません。こまめにやりたいと思ってはいるのですが、どうしてもうっすら溜まったホコリを放置してしまいます。

それに比べて彼は結構きれい好きで、少しでもホコリが発生し始めると気になるようです。なのでうちでは彼が、毎週末にせっせと部屋を掃除しています。私に「掃除して」と言うことはなく、先にホコリが気になるのは自分なのだからと、彼が動いてくれるのです。

他人を変えようとしてはいけない

私たちは決して、もともと食器洗いや掃除を担当するのが好きなわけではありません。最初の頃は、互いに「食器の洗い方はこうしてほしいんだけど」とか「そろそろ掃除した方がよくない?」などと言って、「相手に自分のして欲しい通りにしてもらおう」としていました。

でも、パートナーの家事のやり方が自分の求めるものと違ったときに、自分のやり方に従わせようとするのはなるべくやめた方がいいと思います。

同居を始めるとき、私は彼に「私に何か変えて欲しいところがあったら、直すから言ってね」と言いました。すると彼は「いや、それはやめた方がいいと思う」と言いました。

彼は「子どもならともかく、自分たちはもう出来上がった大人同士で、何年も暮らしてきた中で形成されたそれぞれの生活習慣があるんだから、互いを変えようとしない方がいい」と言いました。私はそれを聞いて、本当にその通りだと思いました。そして私たちは、お互いに違うところを受け入れていこうということになったのです。

他人の出来上がった生活習慣を変えようと思うのが、そもそも間違いなのです。

二人の担当量のバランスが取れないなら?

「より気になる方が担当する」。このルールがいいと言われても、「そんなルールにしたら、自分のパートナーはどんな雑な食器洗いも汚れた部屋も気にしない無頓着なタイプなので、自分の担当の方がずっと多くなってしまう!」という人がいるかもしれません。

正直そういう場合はもう、諦めて自分が全部やるか、そこまでできないのならそのパートナーとは別れた方がいいと思います。

自分の担当量が多くなるということは、相手と比較した場合、あなたは色々気にし過ぎだということです。家事のやり方や細かさにおいて、二人は合わないということです。これは一緒に暮らしていく上では致命的な問題です。

それでも相手と一緒にいたいと思うなら、自分が多くを担当し、自分の納得いくやり方で家事をするか、自分と違う相手のやり方でも良しとするように考え方を変えるか、経済力を身につけて家事を外注するかです。

「相手を自分の思い通りに変えようとする」というのは、一番うまくいかない方法だと思います。もしかしたら家事の分担に限らず、すべてのことに当てはまることかもしれません。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

★この記事をシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

★Yukiをフォローする