かいわれ大根は豊かさの象徴

どうでもコラム

かいわれ大根って豊かさの象徴だと思う。

特にめちゃくちゃ高いというわけではないけど、麻婆茄子のナスのように無いと料理が成立しないわけじゃなくて、お腹にたまるわけでもなくて、つまりなくても全然大丈夫だけどあると見た目がおしゃれという食材。三つ葉も同類。

あるといい。

あるとすごくいいんだけど

なくても大丈夫…

そういうものを買えるのって、すごいことだと思ってた。

新卒で入った会社を半年でやめて、その後の半年間「自分で稼ぐフリーランス」を目指してみたけどなれなくて、貯金が尽きたのでもう一度就職をして、ところがどっこいその就職先が1社目以上に合わなかったので5ヶ月でやめて、ハローワークに通って失業手当を受給して、でもそれも3ヶ月で終わるのでどうしようもなくなって、預金残高が5万円を切っていよいよ来月諸々の支払いができない…となったときに会社員の姉からなぜか無職の私に「お金貸してー(^人^)☆」と言われ、断りきれずに貸してしまう…20代の中盤、そんな生活だった私。

ファイナンシャルプランナーが見たら頭抱えるような経済状態を送ってきた私。

貧乏路線の人生から脱却したくて、心機一転すべてを変えるつもりでパートナーの実家がある沖縄に移住してみたら、物価や送料が高くて生活コストが25%アップぐらいになって絶望した私。ニトリの商品をネットで買っただけで送料が2,500円もかかるなんて聞いてない。

かいわれ大根を買う生活には程遠かった。

それが2年ほど前にとある会社に3度目の就職をして、転機になった。

初めて「やりたいことを勉強してお金がもらえる仕事」が職業になって、仕事が消耗ではなく勉強になる生活をできるようになって、少しずつ貯金もできていった。

事情でその会社はやめることになったけれど、今もその会社から仕事をもらっていて、自分でも少しずつ稼ぐことができるようになって、今はなんとか自分で自分ひとりを食べさせることだけならギリギリできるくらいになった。

以前の私と同じような状況で悩む人から相談されたとしたら、私は運がよかったとしか言えない。

3度目の就職で続けられる仕事(そしてその後につながる仕事)に出会えて本当によかった。今でも何度も、しみじみ思う。あそこでだめだったらまた4社目、5社目…と転職を繰り返していたと思う。

でもそうなったとしても、「1社目をやめなければよかった」とは決して思わない。本当にこれは強がりではなくて、私が仕事に悩む人にアドバイスするとしたら、逃げ続けるべしってこと。「こういうのを探してたんだ」と思える仕事に出会えるまでチャレンジしては辞め続ける。そこで我慢する必要はない。だって週5でやるんだよ?

辞める回数が少なく済めばラッキーだけど、多くなるからって諦めなくていいと思う。仕事を変えるのってとてもエネルギーがいるから、回を重ねるほどに「もう辞めることを、やめようか…」ってなっちゃうのはわかるけど、ぜひ自分の理想を追求してほしいなと思う。「今の仕事よりいい仕事」って絶対に、つねにあるから。

話が逸れましたが…

そういうわけでちゃんと仕事ができるようになって、貯金ができるようになって、いつの間にか我が家は電動歯ブラシを、空気清浄機を、一眼レフを買っていた。

あの頃の私が見たら「それ1ヶ月の◯◯分じゃん!」と驚くような値段のものたち。なくても生きていけるけどあったら幸せになる、かいわれ大根カテゴリのものたちを。

これがすごいことだってことを私は知ってる。ときどき「また貧乏になったら…」と怖くもなる。だけど貧乏になってもたぶん、私たちは家に空気清浄機があることに感謝すると思う。「買わなければよかった」ではなく「お金のあるときに買っておいてよかった」と思うだろうと思う。そう思えそうなものだけを買っているつもり…

実はまだかいわれ大根を買ったことはない。

だけど、かいわれ大根をおしゃれにあしらったサラダをレストランで(たまになら)食べられるようになった。同じく「なくても大丈夫」の代表選手であるヤングコーンまでのってて(この歳で初めて食べた)、以前の私からしたらすごい贅沢な食事。

この幸せがありがたくて、当たり前じゃないとわかってて、これからも失いたくないのならしっかり頑張らないといけないってことを自分に言い聞かせてる。

かいわれ大根があるとやっぱりサラダはおしゃれだし、食べてみると意外にもおしゃれなだけじゃなく歯ごたえや風味もあって、結構仕事してることを知る。

ところでかいわれ大根って、根を残して水につけておいたらまた生えてくるかな?と思って調べてみたら、無理らしい。何度か収穫できるなら貧乏でも食べられるかなと思ったんだけど…

やっぱりかいわれ大根が食べられる生活をするためにはそれなりに稼ぎ続けないとだめみたいなので、これからもしっかり頑張っていきたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました