出産、子育て、アンガーマネジメント…田房永子さんのエッセイ漫画で人生はもっと生きやすくなる!

漫画家・田房永子さんの作品が、すべての人におすすめしたい良書です。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

「ママだって、人間」

最初に読んだのがこちらの作品。

かなりシュールな感じの絵柄で、はじめは「苦手な絵柄かも…最後まで読めるかな?」と思いましたが、読み進めるうちにどんどん引きこまれていき、共感と納得の連続でした。

「子育ては大変」の後には「だけど子どもはかわいいから頑張れる」が続かなければならない…のような、世間の「ママとしてのあるべき姿」に対する違和感。

「リーダー格の女性」や「リーダーの側近タイプ」など、大人になってからは避けてきた、学生時代に苦手だったタイプの女性たちとも、また付き合わないといけなくなるのが、ママになるということなのか…という不安。

本来赤ちゃん泣き放題のはずのママさんヨガ教室で、「うちの子泣いてすみません!」と謝り、「泣くのは迷惑」という雰囲気を作り出してしまう「先手謝罪ママ」。そしてその空気に対抗するために田房さんが行った「結界を張る」というワザなど…

子育て中の人にとっても、これから子どもを持つかもしれない人にとっても、「なるほど」と思うエピソードが満載です。

私にはまだ子どもはいませんが、日本社会での「母親」に対する期待や女性社会の特徴を本当に鋭い分析力でとらえ、豊かに表現されていて、子どもの有無や性別に関わらず全ての人におすすめできる作品だと思いました。

また、下記の記事で著者が「母親像」について語ったインタビューが読めます。「妊娠したら、いきなり“ママ枠”として社会の一員にされた感じがした」という表現には、なるほど…と思いました。

立派すぎる母の理想像への抵抗から、思ってもみなかった性生活まで、母親の実像をありありと綴った常識破りの育児マンガ『ママだって、人間』が注目を集めています。著者は、デビュー作『母がしんどい』で毒母との戦いを描いて話題になったマンガ家の田房永子さん。恥ずかしすぎる葛藤をユーモラスに描く筆力の陰には、田房さんの鋭い洞察力とた...

「キレる私をやめたい」

こちらは最近、ヒット作「東京タラレバ娘」の原作者・東村アキコさんが、雑誌のインタビューで「この作品を読んでから怒らなくなった」と言っていたので、読んでみました。

私は「キレていた頃」の田房さんとは違い、むしろ怒りや悲しみ、悔しさといった感情をうまく外に出すことができず、一人でため込んでストレスへと育てていってしまうタイプ。なので「キレてしまう人」の抱える問題やつらさは、正直あまりわかりませんでした。

が、田房さんが自らの「キレるパターン」を見つけたエピソードや、とうとうキレなくなるまでのプロセスの描写から、怒りや悲しみといった感情をどうコントロールしたらよいかということについて、とても深い学びを得られました。

「警察沙汰の一大事」が起こってしまった夜のエピソードを読んだときは、思わず涙…。

最近思うのですが、感情のコントロールができるようになると、それだけで人生幸せになれるんですよね。

お金がなくても、自分の怒りや悲しみを冷静にコントロールする術さえ身につけていれば、取り乱さずにいられる。悩むにしても建設的に悩めるし、ロジカルに考えられる。だから打開策も見つかりやすい。

最近「早めの行動」ができるようになったことに加え、自分で感情をコントロールできる幅が広がってきたことで、日々の幸福感が大きく増しているように思います。

「母がしんどい」

田房永子さんといえば、実のお母さんとの関係をテーマにしたこの作品。同じ悩みを持つ人々の強い共感を集めて話題になりました。

田房さんが、幼少期から自分を支配してきた母との「しんどい」関係をやめ、母と決別し、人生を自分の手に取り戻すまでのお話。

こちらは私はまだ読んでいないのですが、母娘関係に悩んでいる方や、母になる立場として「母娘関係のこじれ」に備えたい方には、きっと大きな力になる一冊だと思います。

田房さんの作品はどれも、人生の中の小さいけれど重要な問題意識を、徹底的に突き詰めています。全ての作品に共通するのは、「人生のあらゆる生きづらさに、目をそらさずに向き合って、自分の力で何とかしたい」という気持ち。そして「何とかしてみるには、こういう方法があった」「この方法を実践してみたら、こうだった」と、人生を張って実践してみた結果を共有してくれているという点で、他の自己啓発書とは一線を画しています。

興味のある作品があれば、ぜひ読んでみてください!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

★この記事をシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

★Yukiをフォローする