日本の本にはなぜカバー?と、ペーパーバックの読みやすさについて

英語の勉強のために時々洋書を読んでみるのですが、洋書と日本の本の間にはいくつか違いがあるなと感じます。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

「カバーおかけしますか?」

「本」に関する日本の独特なことと言えば、「ブックカバー」をかけること。

日本の書店で本を購入すると、多くの場合「カバーをおかけしますか?」と尋ねられ、お願いすると一枚の紙を折って書籍を包んだカバーを無料でつけてくれます。

紙製品の製造・販売を手掛ける株式会社羽車さんのコラムに、日本独自の文化であるこのブックカバーについて詳しく書かれていました。

それによると、ブックカバーの歴史は大正時代にまで遡り、その役割は書店や出版社の広告メディア、会計済みであることの目印、汚れ防止、そして周囲の人に自分が読んでいる本の書名を知られずに読むため…など、様々のようです。

日本の電車内では、読書中の人は読んでいる本にカバーをかけている人が大半のように思います。「読んでいる本の内容を周囲の人に知られたくない」というのは、日本人に特有の心理なのかもしれません。

カバーを断っても、やっぱりカバー

書店でカバーを無料でもらえるとはいえ、環境保護の意識などから紙製カバーを断る人も少なくありません。

ところが、洋書を読むようになって気が付いたことなのですが、日本の本にはもともと1枚カバーがついているのです。

下の写真のように、日本の書籍には本誌部分と独立してコーティングされたやや丈夫な紙のカバーがかけてあることがほとんどです。

洋書の場合ペーパーバックと呼ばれる、カバーがなく、表紙・背表紙・裏表紙が本自体と一体になっているものが多く出版されています。私が手に取る洋書はこのタイプが多いです。

つまり、書店で日本の本を購入する際にレジでカバーをかけてもらうと、カバーを二重にかけた状態になるのです。

カバーをかけない英語圏と、二重にカバーする日本。ちょっと興味深い違いです。ヨーロッパや他のアジアの国々ではどうなのでしょう。

ペーパーバックは読みやすい

個人的には、読むという行為をするうえで快適なのは海外のペーパーバックだなと感じます。

一つ目の理由は、何と言っても軽いこと。

同じくらいの内容量でも、海外のペーパーバックの方が日本の本よりコンパクトで軽いことが多いようです。触ってみるとわかりますが、中のページが日本の本ほどしっかりしておらず、薄い紙が使われているため、全体として薄く軽くなっています。

これがとても読みやすい。

用紙が薄く柔らかいおかげで読むときにグッと開きやすく、片手でも楽に開いて読めるのがいいです。

読みやすい理由の二つ目はカバーがないこと。

カバーがあるとどうしても読んでいる途中で少しずつずれてきて、読書中、無意識に何度もカバーを直しています。

それがなくなると、とても集中して読むことができ、ストレスフリーな読書を楽しめるということに気付きました。

蛇足

話がずれますが、こんな風に「海外のもののこういう点は日本より良い。日本のもそうなったらいい」ということを言う人に対し、「嫌なら読むな!」と言い出す日本人がたまにいてびっくりさせられます。

日本の本に良いものがたくさんあって、日本の本が好きだからこそ、「こうなったらもっとよくなるな」「もっとよくなってほしいな」と思うことを言いたくなるのだと思います。

せっかく「日本がもっと素敵な国になってほしい」と思っている、日本に好意を持つ人をがっかりさせる行為を時折見聞きするのは、とても残念です。

ともあれ…、

洋書を読んでみて、日本の本の特徴に気づき、本の読みやすさというものについて考えてみた記事でした。

皆さんも、よい読書を!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

★この記事をシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

★Yukiをフォローする