板タブと液タブの違いは?どっちがおすすめ?両方使ってわかったメリット&デメリット

私はパソコンと液タブを使ってのイラスト制作を行っています。

制作を始めた当初は板タブから使い始め、現在は液タブを主に使っているのですが、初めてペンタブレットを買うときはどちらを買うべきか、ものすごーく迷いました。

本記事では同じようにお悩みの方のために、両方使ってみてわかったそれぞれのメリットとデメリットをまとめてみました。ペンタブ選びで迷っている方はぜひご参考にしてみてください。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

板タブと液タブの違い

そもそも「板タブ」や「液タブ」って何?という方のために、まずは2つの違いを説明します。

パソコンで絵を描くプロの多くはペンタブレット、略して「ペンタブ」と呼ばれるものを使っています。ペンタブレットには「板タブレット」と「液晶タブレット」の2種類があります。

板タブとは

板タブレット(通称・板タブ)」は、ペンをタブレット上で走らせても、タブレット上に線が描かれるわけではありません。目線は普段パソコンの作業をするときと同じで正面のディスプレイに向け、手元のタブレット上でペンを動かす…という作業になります。

私が板タブレットを使っているところを初めて見た友人は、「あっ、ペンを引いた所に線が描かれるわけじゃないんだ。遠隔手術みたい…」と言っていました。

液タブとは

液晶タブレット(通称・液タブ)」は、液晶画面のついたタブレット上に専用のペンを使って直接描画するような描き方ができるもので、より紙にペンで描くアナログの描き方に近いです。iPadにAppleペンを使って絵を描くような感じです。

価格帯の違い

このように板タブと液タブでは使い方が大きく異なるのですが、もう1つの無視できない大きな違いが「価格」です。板タブと液タブでは、板タブの方が圧倒的に安いです。

板タブは下記の「Intuos Pro Mサイズ」のようなプロが使っているタイプでも、Amazonで3万円台くらいで買えます。

さらに下位機種の下記のようなタイプなら2万円以下です。このタイプでも機能としては十分だと思います。(筆圧を何段階で感知するか、といった点が違うのですが、こちらでも4096段階もあるのでほとんどの人にとっては十分だと思います)

一方、液タブは一番安いものでも7万円ぐらいします。私が使っているのは下記のワコムの「Cintiq 13HD」で、4年ほど前の購入時で約10万円でした。現在は少し値下がりしましたが、それでも8万円くらいです。

液タブはさらに高性能なもの(パソコンに繋ぐことなく液タブ単体で使えるものや、指でのタッチ対応のものなど色々あります)やサイズが大きいものになると20万円超えのものもあり、「これからデジタルイラストデビューしたい」という人にとっては正直、手が出しづらいと思います。

最近は中国製の液晶タブレットが出てきていて、それであればAmazonで4万円くらいで買えたりもするのですが、日本のプロの方は、ほとんどの場合ワコム製のペンタブレットを使っていると思います。

Amazonでは中国製液タブも結構悪くないよという評価も増えてきてはいるのですが…それでも数万円の買い物なので、どうせ買うなら多くのプロが愛用するワコム製品を買う方がいいと思います。数万円で海外製の液タブを一か八かで買うくらいなら、私は同じくらいの価格で買えるワコムの板タブを買うのをおすすめします。

プロはどっちを使ってる?

板タブ・液タブのどちらも、仕事に使用されているプロの方がいらっしゃいます。

液タブユーザーのプロ

イラストレーターpaiさん

paiさんはとてもおしゃれなイラストを描かれる女性イラストレーターさんです。

2,896 Followers, 400 Following, 148 Posts - See Instagram photos and videos from pai (@pai02)

paiさんのサイトに、使用機は液タブ「Cintiq 13HD」とあります。デジタルとアナログをうまく融合させたスタイル、憧れです!

「中国嫁日記」の井上純一さん

書籍にもなっている人気Web漫画「中国嫁日記」の作者、井上純一さんも液タブを使っていらっしゃいます。機種はワコムの「Cintiq21UX」だそうです。

20代中国嫁と40代オタ夫の日記。妻公認になりました。■如果您是中国的读者朋友,请点这里查看中文版(新浪博客)■取材、執筆依頼はエンターブレインよりお願いいたします。→support@ml.enterbrain.co.jp

板タブユーザーのプロ

イラストレーター・高田ゲンキさん

イラストレーターで先日初の漫画書籍も発売された高田ゲンキさんは板タブ「Intuos Pro (Mサイズ)」を使用されています。

ドイツ・ベルリン在住のイラストレーター/漫画家、高田ゲンキの情報発信ブログ。フリーランスについて・働き方・IT・Mac・海外生活・自転車・ノマド論・人生論などについて書きます。

ゲンキさんの作業環境はご本人のブログ記事で詳しく紹介されています。

こんにちは。Mac大好き!高田ゲンキ( genki119)です。 Mac好きを公言している僕なので、制作環境を ...

「ニャアアアン!」の鴻池剛さん

ツイッターで公開された漫画が大人気となり、書籍「鴻池剛と猫のぽんた ニャアアアン!」を発売された鴻池剛さんも、板タブを使用されているそうです。

なんとなく「プロは液タブ」というイメージを持っている方もいるかもしれませんが、全然そんなことはありません。

板タブを愛用してバリバリ活躍しているプロの方はたくさんいますし、プロ・アマ含めて、イラストを描く方々のSNSなんかを見ていると、全体的なユーザー数としてはむしろ板タブの方が多いのではないかと思います。

液タブのメリット・デメリット

液タブのメリット

液タブを使うメリットは「より紙にペンで描くのに近い描き方ができる」ということだと言われます。人によってはこの効果は計り知れず、この点だけを理由に液タブ一択!という人もいると思います。

そのほか、細かい点もありますが、実際に液タブを使ってきて感じている液タブのメリットを紹介してみます。

①デュアルディスプレイになる

液タブを導入すると必然的にデュアルディスプレイ環境になるので、メインモニタに資料画像やクライアントからの指示のメールなどを表示しながら制作を行うことができます。目線を上げればそこに資料がある…というのはなかなか便利です。

②リアル定規が使える

液タブだと実際の定規を使って線を引くことが可能です。

もちろん、こんなふうにアナログ定規を使わなくとも、お絵かきソフトの機能を使って直線を引くことはできるのですが、漫画の背景や小物を描くような場合は、実際の定規をくるくると取り回しながら描いた方が早い場合があります。

③回して描ける

液タブだと、そのままでは描きにくい角度の線を引く場合、液タブ自体を回したり自分の姿勢をちょっと斜めから覗き込む形に変えたりして、描きやすい角度で描くことができます。

この「画面の回転」も、お絵かきソフトの機能で可能なのですが、「ほんの少しだけ斜めから見たい」という場合は、自分の側の見る角度を変えるのが一番手っ取り早いと思います。

板タブだとこれはちょっとやりづらいと思うので、アナログに近い描き方ができる液タブのメリットではないでしょうか。

④下を向いて描ける

板タブの場合、絵を描く作業も、作業の合間の資料確認やメールのやり取り等もすべて正面のディスプレイを見て行うので、長時間同じ姿勢が続くことになります。

一方液タブだと絵を描く作業のときは下を向いて行います。私は前より下を向く方が首がいい具合に伸びて楽な感じがして、ずっと前を向いた状態で作業するよりも疲れにくく、肩が凝りにくいような気がします。

ただ、ずっと同じ正面への視線をキープしたまま作業できた方が効率がいいという人もいると思いますので、この辺は好みの問題ですね。

液タブのデメリット

液タブには使って初めてわかる意外なデメリットもありました。

①描画エリアの一部が手で隠れる

ツイートしたら予想以上に反響があったのですが、液タブはペンを持つ手で隠れて見えない部分ができて、これがけっこう邪魔に感じます…。

アナログでしか絵を描いたことがない人にはピンと来ないかもしれませんが、板タブだと自分の手による死角ができないので、左右対称のものや人物の顔などを描くときにすごく描きやすいのです。

詳しくはこの後「板タブのメリット」の項目で紹介します。

②温かくなる

液タブで作業していると、液晶画面の手を触れている部分が少し温かくなります。

ほんの少し温かいだけで、熱いというほどではないのですが、夏はこの温かさがちょっと不快ではあります。(逆に冬はいいかも…)

ただ、板タブは温かくならないのかと言うと、どうだったか忘れてしまいました…。板タブユーザーの皆さん、どうですか?

③光の反射が厄介

液タブは液晶画面に部屋の照明の光が反射してしまうと非常にまぶしくて使いづらいです。

私はエレコムのCintiq 13HD専用ペーパーライク反射防止フィルムを貼って上の画像の状態よりは少しマシになりましたが、元々光に敏感で、光を見すぎることで偏頭痛が起こるタイプでもあったため、たまらず机の位置を変えて、液タブが光を反射しないようにしました。

液タブの購入を考えている人はぜひ、iPadやiPhoneなどを画面をオフにした状態で液タブを使う予定の位置に使う予定の角度で置いてみて、光が映り込まないかを事前にチェックしてみることをおすすめします。

ちなみに以前調べたところ、液タブ画面への光の映り込み対策として、イケアの葉っぱの形をした「ベッドキャノピー」という製品がぴったりなんだそうです。下記のような葉っぱ型で、本来はベッドに取り付けて、寝ている赤ちゃんにとって蛍光灯の光がまぶしすぎないように遮るためのものです。

下記はとあるゲーム開発会社の記事で、液タブを使う社員さんたちがオフィスの席に上記の葉っぱ型キャノピーを取り付けている様子が紹介されています。かわいい!

プロが使っているのならこれが一番いいんだろう!ということで私も買いたかったのですが、近所にイケアがない上、現在Amazonで取り扱っているタイプは茎の部分が旧タイプよりかなり短くなったそうで、取り付けにくいというレビューが多いので購入は諦め、やむなく机の位置を変えることで光の反射問題を解決したというわけでした…。

イケアが近くにある方は、茎が長い旧バージョンが店舗に残っているかもしれないので、探してみるといいかもしれません。

↓Amazonで買えるイケアのキャノピー。茎が短くなって取り付けにくいらしいので注意です。

茎が長い旧タイプを再販してくれないかな〜。というか、いっそワコムが専用の光よけを作ってくれないかな…

④「紙を貼り付けて紙の描き味に近づける」ができない

ペンタブは板タブであれ液タブであれ、そのままの状態だと表面がツルツルしすぎていて描きにくいです。小さい頃広告のチラシの裏に絵を描いていた人ならわかると思うのですが、ツルツルした紙ってとっても描きづらいですよね?あんな感じです。

そこで紙の描き味に近づけるために、板タブの場合は「描画エリアに紙を貼り付ける」ということが可能です。私は試したことがないのですが、この方法なら「紙に描くのに近い」というより、もはや「紙に描いている感じ」そのものではないでしょうか。

一方で液タブは液晶画面が見えなくなってしまったら意味がないので、紙など不透明なものを貼り付けるという使い方は通常できません。(画面を複製モードにしてメインディスプレイを見ながら描くという、板タブスタイルでなら使えますが…もはや液タブの意味がなくなりますw)

ただし、描き味をカスタマイズする方法がないわけではありません。上述のエレコムのCintiq 13HD専用ペーパーライク反射防止フィルムのような専用のフィルムを貼って、さらさらした紙のような描き味にすることもできますし、ペンの芯の方をカスタマイズする方法もあります。

有名なのは短く切った綿棒を芯にする方法です。私も一時期やってみました。やり方は色々ですが、普通の綿棒だと太すぎてペン軸に入らないので、細めのベビー綿棒を使うのが必須です。そのままだと細すぎて外れてしまうので、私はマスキングテープを1周いかないくらい巻いて、差し込んで使っていました。

下記の画像は芯としてしばらく使った綿棒で、先がかなり斜めに削れています。

ベビー綿棒は200本入りが200円ぐらいで買えるので、純正の芯(5本で800円くらいします)に比べてずっとコスパがいいのです。(そう、ペンタブ買う前は知らない人が多いと思いますが、ペンタブの芯ってどんどん削れていく消耗品なんですよ)描き味も、私には悪くない感じでした。(見た目はかっこ悪いけど…)

ただ、「切ってマスキングテープを巻いて太さを調整する」という使う前の加工がちょっと面倒で、今は純正の芯が何本か手元にあるので、純正に戻っています。でも純正は高いから、今ある芯がなくなったらまた綿棒芯かな…。

⑤Macでクリスタを使う場合の相性が悪い

パソコンで絵を描く人が使うソフトとして、アドビのイラストレーターやフォトショップと並んで多くの方が利用しているのがCLIP STUDIO PAINT EX(クリップスタジオ、略してクリスタ)です。漫画の制作ができるソフトですが、動作が軽くて非常に高機能で、イラスト制作にも使えます。

私は以前は「Windows PC + 液タブ + クリスタ」で制作していたのですが、最近Macに移行してから、「Windowsよりクリスタが使いづらい」と感じることがあります。

下記のクリスタ公式サイトの質問ページでも複数の方々が報告していますが、残念ながら「Mac + 液タブ + クリスタ」の相性が悪いのは間違いないようです…。

クリエイターの創作活動を応援します。便利な素材のダウンロード、プロから学べる講座など、創作活動に役立つ様々なサービスを提供しています。CLIP STUDIO PAINTの購入・サポートもこちらから。

ただ私は、使っているうちに上記ページで話題になっているようなウィンドウの移動については、ワークスペースを登録することでかなり軽減されることがわかりました。

クリスタの画面をメインディスプレイに表示させる場合と液タブに表示させる場合をそれぞれ別々にワークスペースとして登録しておけば、ウィンドウの移動はだいぶ楽になります。具体的な方法は今後、別途記事にしようと思います。

⑥配線が面倒

機種にもよるかもしれませんが、私が使っている液タブ「Cintiq 13HD」はコードの先が3つに分かれており、「HDMIポート」「USBポート」「電源(コンセント)」の3箇所に接続しなければなりません。

(上記画像の一番下側にあるコードに、さらに付属の延長コードをつけて、その先をコンセントに挿します)

液タブをつねに接続しっぱなしにしておくなら問題ないのですが、以前私にはデスクがなく食卓で作業をしていたため、液タブどころかパソコンすら、食事のたびに片付けなければなりませんでした。そんな環境だと、接続が面倒な液タブは、せっかく持っていてもなかなか使う気になれず、この頃はほとんど使っていませんでした…。

その点板タブは、ほとんどのものがUSB接続だけで使えて便利です。

⑦高い

最低でも7万〜という値段は大きな壁ですよね…。せめて4〜5万円ぐらいになれば…。

ちなみに私は大学卒業時に、卒業旅行に行くより液タブを買おうと考えて、卒業旅行に行かずにCintiq 13HDを約10万円で買いました。その後、液タブを使ったバイトをしたり仕事で使ったりして元は取れたので、買ってよかったとは思っていますが、会社員の仕事をやめたりして生活がピンチになるたびに何度も「液タブを売るか…?いやでもそれは最終手段だ…」と悩みます…。

色々と液タブのデメリットを挙げましたが、やっぱり「紙に描くのと同じスタイルで描ける」というのは、人によっては描くモチベーションに直結する大事なポイントだと思います。液タブの画面を覗き込みながら時間を忘れてお絵描きするのは、子どもの頃に戻ったようで本当に楽しいです。

パエリア。

板タブのメリット・デメリット

板タブのメリット・デメリットは、基本的には液タブの逆となりますが、特に大きいポイントを紹介します。

板タブのメリット

①安い

最初に書いたように、何より安くて手が出しやすいです。

プロも使っている「Intuos Pro Mサイズ」でも3万円台、下位機種の「Intuos Medium」なら2万円ほどで買えます。

液タブと比べて買いやすい価格のため、初めてのペンタブは板タブから、という人は多いと思います。

②ペンを持つ手による死角ができない

先述の通り、あまり語られることがないですが、価格と並んで板タブの大きなメリットとなる点が「ペンを持つ手によって隠れる部分ができない」ということだと思います。

板タブは手を動かすエリアと線が描かれるエリアが独立しているので、人物の顔を描くときなどに全体のバランスを見ながら描けるのです。

板タブは使い始めた直後は「慣れない描き方で全然うまく描けないなあ…」と感じますが、実は液タブの描き方は慣れるととても描きやすくて、むしろ板タブでないと描きにくくなるくらいです。たまに紙にペンで描くアナログスタイルをとると、自分の手が邪魔だと感じるほどになると思います。

③紙などを貼って描き心地をカスタマイズできる

上述のようにペンタブはそのままだとツルツルしすぎて描きにくいのですが、板タブの場合、「紙を貼り付ける」という方法でこれを解決している人が多いです。

板タブユーザーのプロとして紹介したイラストレーターの高田ゲンキさんは、カッターマットを貼る方法をおすすめされています。

板タブのデメリット

慣れるまでは描きづらい

板タブの最大のデメリットは「動かしたペン先とは別の画面上に線が描かれるという慣れない描き方のために、最初はうまく描けない」ということだと思います。

板タブを使い始め、不慣れな描き方に苦戦している時期の人は、1度は「液タブだったらもっとうまく描けたんじゃ…」という思いが頭をよぎることがあるのではないでしょうか。

板タブでも慣れれば素晴らしい絵が描けることは、板タブユーザーのプロの作品たちを見れば一目瞭然ですが、慣れるまでは大変で、思い通りに描けないことにストレスを感じる日々になると思います。板タブを購入する人は、この期間は修行と思って頑張って乗り越えてほしいです!

逆に言うと、「慣れるまでの描きにくさ」以外、板タブには大きなデメリットがありません。慣れれば紙に描くアナログお絵描き以上に、描きやすいと感じるようになると思います。

ではどっちを使ったらいい?

上記のように板タブにも液タブにも、それぞれ良いところと悪いところがあります。それらを踏まえた上で「それでも決められない!」という方は、下記のような選び方をしてみてはいかがでしょうか。

選び方①「安いから板タブ」

やっぱり予算の問題は大きいと思いますので、「とりあえず安いから板タブを買う」というのは大いにアリだと思います。

そして購入した板タブを使って、頑張ってイラストや漫画を生産し、「板タブで稼いだお金でいつか液タブを買う」というのを目標にしてみてはどうでしょうか。(実は私がこういうやり方でした。)

板タブで制作を行っていくうちに、すっかり板タブを使いこなすようになって、もう液タブを買う必要がなくなるかもしれませんし、板タブを使いこなせるようになった結果、なお液タブを使ってみたいと思うようなら、液タブを買うといいと思います。

選び方②憧れのプロの真似をする

「この人みたいな絵を描きたい!」と思える「憧れの人」がいると、絵の上達は早くなると思います。そういう人がいる場合、道具もその人が使っているものを可能な限り徹底的に真似するのがおすすめです。つまりは憧れの人の完コピを目指すのです!

憧れのプロが液タブを使っているなら、もし予算が許すのであれば、液タブを使ってみるといいと思います。

板タブであれ液タブであれ、憧れのプロと同じ道具を使えば、「道具は同じなのだから、あとは練習次第で自分でもあんな絵が描けるはずだ!」と思えて、いい意味で描けないのを道具のせいにすることができなくなります。

ペンタブを使う前に知っておいてほしいこと

板タブにしろ液タブにしろ、ペンタブでの制作は「慣れ」の部分が大きいです。

板タブも液タブも、使い始めてすぐはほとんどの人が「使いにくい!」と感じると思います。液タブはアナログの描き方に近いと言うけれど、とはいえ視差(ペン先と描かれる線とのわずかな差)や描き味など、紙にペンで描くのとはかなり違うことに最初は戸惑うと思います。そして板タブの慣れないうちの描きにくさは、上述した通りです。

どちらを買っても最初はすごく使いにくく感じる」ということを、ぜひ知っておいてもらいたいと思います。

板タブを初めて使ったときは多くの人が「何これ?全然思うように描けない…」と思うでしょうし、液タブでも「アナログに近いと思ったのに、全然紙に描くのとは違う…」と思うはずです。どちらにしてもペンタブはある程度慣れが必要で、最初はかなり苦戦すると思います。

でも逆に慣れると、板タブユーザーは板タブで、液タブユーザーは液タブでしか描けないというくらい、デバイスに適応・特化した描き方ができるようになると思います。

ペンタブは最初は使いにくくても諦めずに描き続ければ、そのうち使いこなせるようになり、紙に描くアナログ方式とは比べ物にならないくらいの生産性を発揮できるようになります。最初はうまく描けなくて落ち込みそうになるかもしれませんが、プロも含めてペンタブユーザー達は皆通った道です。練習やカスタマイズの試行錯誤を重ねれば必ず紙とペン以上に描けるようになるので、めげずに大好きな絵を追い求めて描き続けてください!

ペンタブで絵を描く楽しさや便利さをぜひ多くの人に感じてもらいたいと思います。この記事がペンタブ選びで悩んでいる人のお役に立てば幸いです!

おすすめ板タブ&液タブ

プロも愛用、3万円台で買える「Intuos Pro Mサイズ」。プロを目指すことも視野に入れつつ予算を抑えたいならこれ。

2万円ほどながら最高4096段階の筆圧を感知し、イラスト制作ソフト「CLIP STUDIO PAINT PRO」の2年ライセンスも付いている「Intuos Medium」Amazon限定版。クリスタが付いていてすぐに描き始められるのでエントリーモデルとしておすすめ。

私が使っている液タブ「Cintiq 13HD」。液タブの中では一番安いので、液タブを買いたいけど費用はできるだけ抑えたいという人にはこちら。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

★この記事をシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

★Yukiをフォローする