【エラストマー、ストローク、フェルト、ハードフェルト】ワコムのペンタブレット用替え芯4種類買って比較してみた

イラスト制作

私は液晶タブレット(通称液タブ)を使ってイラストを制作しています。

液タブや板タブで使うペンには芯がついており、この芯は消耗品です。描いているうちに画面との摩擦でペン先がどんどん削れていくので、一定期間ごとに交換が必要になります。

替え芯はペンタブメーカーWACOMが色々な種類のものを出していて、どの芯が合うかは人それぞれのようです。

人によっては芯次第で全然描きやすさが違ったりもするらしいので、このたびAmazonで買えるワコムの替え芯全4種類の比較をやってみました。環境はワコムの液タブCintiq 13HDです。

結論から言うと、私にはエラストマー芯がベストでした!

スポンサーリンク

今までは綿棒芯でした

当初はワコムのタブレットを買うと付属のペンに最初からついてくる標準芯を使っていたのですが、どんどん削れて交換の必要が出て来たときに、当時はそれはもうお金がなかったので5本で800円もする標準芯は高くて買えず…。

そこでネットで検索して知ったのが「綿棒を加工して芯に使う」という方法。これはもちろんメーカーが推奨するやり方ではないので、ペンが壊れたりタブレットの画面を傷つけたりする可能性がある苦肉の策です。とりあえず下記の方法を私がやった限りでは、ペンが壊れそうな感じはなく、画面の方も保護シートを貼っているので大丈夫そうではありました。

まず、普通の綿棒ではペンに入らないので、細めのベビー綿棒を使います。200本入りで200円とかなので、ワコム純正の芯とは比べ物にならないくらいコスパがいいです。

ベビー綿棒を標準芯と同じぐらい(2.6センチくらい)にハサミで切ります。綿棒の太さによりますが、これをそのままペン軸に差し込むと細すぎることが多いので、マスキングテープなどを巻きつける感じで貼って太さを調節します。この調節がけっこうシビアで、1周巻くぐらい貼ってしまうともう太すぎで入らなくなっちゃうので、綿棒半周分ぐらいになるようにめっちゃ細ーく切って、巻くというよりぺたっとつける感じです。

綿棒芯を装着したところ。ハサミで切った面はとがっていて画面を傷つけやすいので、やすり(なければ机の面などでも)にこすりつけたりして少しなめらかに削るといいです。

…と、こういう加工を芯交換のたびにやっていたのですが、コストはかなり下がるものの面倒くさすぎる(・ω・;)

最近は何とか仕事も安定してきたので、時間を買うと思ってちゃんとした芯を買うことにしました。

ワコム純正の4種類の芯を比較(環境:Cintiq 13HD)

今回Amazonで下記の4種類のワコム純正芯を買ってみました。

  • エラストマー芯(¥768)
  • ストローク芯(¥652)
  • フェルト芯(¥764)
  • ハードフェルト芯(¥768)

それぞれ、買ったときの価格です。

環境はワコムの液タブCintiq 13HD。

エレコムのペーパーライク反射防止フィルムを貼っています。

使用ソフトはAdobe Illustrator、Photoshop、クリスタで漫画制作などです。

※注意
ハードフェルト芯、エラストマー芯はCintiq 13HDには非対応です。「無視して使ってみたら使えた」という話ですが、タブレットやペンの破損などがありえます。自己責任でお願いいたします。

①エラストマー芯:一番よかった!

まずはネットで「液タブとの相性がいい」と言われているエラストマー芯。正直一番期待してました。

ただ、「摩擦が強すぎて消しゴムで描いているよう」「弾性がありすぎで使いづらい」という声も。Amazonの商品ページにあるメーカーの説明にも「もっとも摩擦係数が高く、弾性のある芯。ねばりのある書き味が特徴。」なんて書いてあるので、ちょっと心配でもありました。

▼エラストマー芯のパッケージ裏にある対応機種。Cintiqはありません。

ペン軸に装着。芯の中身は白いエラストマー(消しゴムみたいな素材)で、周りは黒いツルツルした素材でコーティングされています。

描いてみた感想は、なかなか描きやすい!

標準芯はコツコツと硬い当たりなのに対して、エラストマー芯はソフトな当たりで弾力があるので、筆圧による線幅の調整が以前より直感的に、自在にできるようになりました。弾力がほんの少しあるおかげで画面に押し付けたり緩めたりがしやすいです。

イラレでパスを操作してイラストを描くような方にはあまりメリットがないかもしれませんが、筆圧による線幅の調整を直感的に行いたい人にはエラストマー芯がおすすめです!

あと、使い続けていて気づいたのですが、標準芯が使うほどにシャーペンの芯のように斜めに削れていくのに対して、エラストマー芯は斜めに削れません。磨耗はしているだろうと思うのですが、ペン先にまだ目に見える変化がありません。

また、心配していた摩擦の強さも全く問題ありませんでした。ペーパーライクフィルムを貼っているせいかもしれませんが、するすると軽く画面をすべってくれます。

②ストローク芯:標準芯と違いを感じない

次にストローク芯。あまりいい評価を聞かないので、ぶっちゃけ期待してませんでした…。

▼パッケージ裏の対応機種。ストローク芯はCintiq 13HDにしっかり対応しています。

ストローク芯はプラスチックっぽい白い芯(正確にはポリアセタールという材質)ですが、バネが入っていて弾力ある書き味というのが売りとされています。Amazonの商品ページにある公式の説明にも「組み込まれたスプリングにより、芯先が約1mm上下する芯です。 ブラシのような感触が特徴」とあります。

装着したところ。

で、使ってみましたが…私には標準芯との違いが感じられませんでした。「組み込まれたスプリングにより、芯先が約1mm上下する」って本当?全然スプリングの動きを感じないけどなあ…という感じ。実はAmazonのレビューにも同様の口コミが多いです。

「標準芯と同じ」と感じる人が多いので、これは試してみる価値があまりないかも。

③フェルト芯:綿棒芯と同じ。硬い。

次にフェルト芯です。これだけなぜか芯抜きが付属しています。

そしてパッケージ裏に対応機種の記載がなかった…。Amazonの商品ページにも詳しい記載はなし。「Cintiq/Intuos/Bamboo/DTx用」とあるのでCintiq 13HDもたぶん大丈夫だろうと思うのですが…

装着したところ。

描き味は、「綿棒芯と同じ感じ」。材質的にそりゃそうだって感じかもしれません。

スリスリと画面を削っていくような感触(実際削れているのは芯の方ですが)。硬い感じで画面に押し当てるのをためらってしまう感じがあり、力を入れなくなるので線が細くなります。

綿棒芯とかなり近いので、フェルト芯を試してみたい方はまず綿棒芯の描き心地が自分に合うか試してみるといいと思います。

エラストマー芯を使った後だと「硬い」と感じるので、私はあまり使うことはないかなーと思いました。

④ハードフェルト芯:すごく硬くて線が細くなる

最後にハードフェルト芯。フェルト芯がさらに硬くなったものです。

▼パッケージ裏の対応機種。

Amazonの商品ページに「※Cintiq 13HD、Cintiq 13HD touch、Cintiq 24HD touch、Cintiq Companionシリーズでは使用できません。」と書いてあり、Cintiq 13HD非対応です。

装着したところ。

描き心地も「フェルト芯の描き心地がさらに硬くなった」そのもので、線がさらに細くなる傾向があります。まるで鉄クギの先で描いてるかのような硬さ。画面に押し付けるのがためらわれ、筆圧をかけずに描くため、線が細くなります。

「細い線で漫画の精密な背景を描く」といったときには良さそう。漫画用の丸ペンのような位置付けとして、線を細くしたいときだけ使い分けるといいのかもしれません。その場合はこの芯用に別途ペン軸を買った方がスムーズに使い分けやすそう。

メイン使いにするには、私にはちょっと硬すぎるかな。

結論:メインはエラストマー芯!

というわけで

  • デフォルトの標準芯
  • 綿棒芯(手作り)
  • エラストマー芯
  • ストローク芯
  • フェルト芯
  • ハードフェルト芯

の合計6種類の芯を比較した結果、液タブCintiq 13HDを使う私はエラストマー芯が一番使いやすいという結論でした。

この1ヶ月ほどの間ずっとエラストマー芯を使っていますが、とても快適に作業できます。

エラストマー芯は「摩擦が強くて消しゴムみたいで描きづらい」と言うユーザーもいるので、筆圧や保護フィルムなどの要因で描き心地が変わってくるのだと思います。

どんな描き心地を良いと思うかは人それぞれなので、私のおすすめは「標準芯のほかに綿棒芯とエラストマー芯とハードフェルト芯を試してみること」です。

ストローク芯は「標準芯とほぼ同じ」なので、買って試す必要はないと思います。フェルト芯は「綿棒芯とほぼ同じ」なので、手作りの綿棒芯で描き心地を試せば安上がりです。エラストマー芯とハードフェルト芯は独特の描き味なので、ぜひ投資と思って一度買って試してみてほしいです!

芯を変えると描き心地がかなり変わります。標準の芯のまま使っていて「あんまりペンタブ使ってないなー」と思っている描き手の方には、ぜひ違う芯を試してみることをおすすめします!

タイトルとURLをコピーしました