【イラレ】初心者だったときに知りたかったイラストレーターでの簡単イラスト作成方法

最近「イラスト作成に挑戦してみたい!」「ブログにイラストを使いたい!」という方が増えているように感じます。そうなると利用ツールの候補となるのが Adobe Illustrator ではないでしょうか。

でもIllustratorはプロ用のソフトなだけあって、初心者が初めて使うと「機能が豊富すぎてどうしたらいいか分からない…」という事態になりがちだと思います。

本記事では「とりあえず簡単なイラストが描きたいだけの人」に向けて、最短距離でIllustratorを使ってイラストを作成する方法をご紹介します。

結論から言うと「ペンツールは置いといて、画像トレース&ライブペイント機能使おう」というのが言いたいことです。独学でペンツールの練習から始めた私が、ずいぶん経ってからその存在を知り「これを一番最初に知りたかった…」と思った機能たちです。

また第2案として「パスで描くにしても、最初は直線のみで描いて、あとから調整する」という方法にも言及します。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

①画像トレース&ライブペイント機能でパパッと作る

下のような「手描きの線+デジタルのベタ塗り」のイラストを作成したい場合に使える方法です。「ペンタブレットを持っておらず、マウスだけで温かみのあるイラストを作りたい」という人におすすめのやり方です。

制作ステップは次の通りです。

1. 適当な紙に手描きで下描き&ペン入れをする

手描きで線画を描きます。

もちろん下描きせずに一発描きしたってOKです。

ちなみに、手描きの際の下描きには水色のフリクション色鉛筆や水色シャープペンシルを使うと、そのままスキャンしても水色の下描き線は取り込まれないので、下描きを消す手間が省けておすすめです。

紙は何でもいいですが、生産量を増やしたいなら「あまりいい紙を使わないこと」がおすすめです。高い用紙だと気軽に描けず、量をこなさないと上達できません。私は以前はスーパーで一番安い子ども用のお絵描き帳を買って使っていました。

今はマルマンのクロッキー帳をよく使います。これは一見高めにも感じますが、薄手の紙で枚数が多いので、抵抗なくどんどん使えます。「自分にとって、惜しげなくどんどん落書きするような気持ちで使えるか」というのが大事です。

ペンも何でもいいです。スキャン時にしっかり読み込めれば線画を鉛筆描きにしても大丈夫(ただし濃い目の芯がおすすめ)。私はコピックマルチライナーをよく使います。

2. できあがった線画をスキャン

スキャナを使ってもいいですが、面倒なので簡単なイラストならスキャンアプリを使ってiPhoneやiPadのカメラで撮るのがおすすめです。例えばアプリ「CamScanner」なら、影の除去や鮮明化もできて、スキャンした画像は自動で同期されてPCからも開けるのでとても便利です。

「CamScanner Lite」のレビューをチェック、カスタマー評価を比較、スクリーンショットを確認、詳細情報を入手。CamScanner Liteをダウンロードして iPhone、iPad、iPod touch で利用。

3. スキャンした画像をイラストレーターに配置

イラストレーターのアートボード上に手描きイラストの画像を配置します。「ファイル」から「配置」を選んでもいいですし、エクスプローラやファインダーから直接ドラッグ&ドロップすることもできます。

4.「画像トレース」で線画をベクター化する

画像トレースのやり方はこちらなどを参照。

この記事では、Adobe Illustrator CCで画像のトレースをする方法について紹介しています。 画像トレースとは、簡単にラスター画像をベクター画像に変…

5. ライブペイント機能を使って着色

ライブペイント機能の使い方も、ネットに色々情報があるのでそちらを見てみてください。「ライブペイント機能って一体何?」という方は、この動画がとてもわかりやすいです。

こちらの記事の「3.ライブペイントを作成する」以降なども、参考になると思います。

Illustratorを使った、手描きイラストの描き方をご紹介します。描き方は、主に「ライブペイント」やオブジェクトを一括編集できる「共通」「オブジェクトの再配色」など、Illustrator CS6までの機能を使った方法です。

晴れて完成です!

②パスを使うなら、最初は直線のみで描いてみる

これはIllustratorの使い方に関するブログを書かれている鈴木さんという方が下記の記事で書かれていて、なるほどと思ったこと。詳しくはぜひ下記の記事を読んでみてください。

ペンツールでハンドルを調整しながらパスを引いていくのって、初めは本当に難しいんですよね。私は今だにうまくできないです。

上記の記事で勧められている「最初は直線のパスだけで描いていって、後から落ち着いてハンドルを調整する」というやり方は、初心者が感覚をつかむ練習には良いんじゃないかと思いました。

ちなみに上記のブログ「鈴木メモ」さんは、Illustratorを独学でなんとかしようとしている人にとってすごく役立つ情報が満載なので、ぜひチェックしてみてください。見ているだけでIllustratorを触りたくなってくる記事がいっぱいですよ(↓これとか!)。

「イラレといえばパス」という概念を捨てよう

私は学生時代にIllustratorを購入して、以来4年ほどネットで調べたり書籍を読んだりしながら独学でなんとか使い方を習得してきました。デザイン系の学校に行ったり、デザイン系の会社に就職したりした経験はなく、現在進行形で使いながら学んでいる手探りの状態です。

そうしてなんとか「簡単な制作ならIllustratorでできるようになったかな」という状態になった私がいま、Illustratorを触り始めたばかりの頃を振り返ってみて思うことは、「Illustratorは順当に学ぶと遠回りになるんじゃないか」ということです。

Illustratorの初心者向けの解説といえば、ネットでも書籍でも、まずは「ペンツールを使ったパスの作成」の話から始まります。確かにパスはIllustratorの基本で、プロなら絶対に避けては通れないことですが、「ブログ用にちょっとしたイラストや図解、アイキャッチ画像を作りたい」というような人は別に避けて通ってもいいと思うのです。

ところがIllustratorを学ぼうとすると皆が「まずはパスを理解せよ!」と言うので、せっかくIllustratorに興味を持って使い始めた人が、「パスを切る」という習得に時間のかかる部分でつまづいてしまい、なかなかやりたいことがやれずにそのままIllustratorの習得を諦めてしまう…ということが起こっているんじゃないかなあと思います。

まずは紹介したような方法で簡単なイラストをどんどん作ってみたり、簡単な図形と無料素材を組み合わせて図表を作ってみたりして、「作りたいものを実現できる楽しさ」を手っ取り早く味わうのがいいのではないかと思っています。そうしているうちに、知識はついてくるのではないでしょうか。

私もまだまだ勉強しながらですが、楽しみながら制作をしていきたいなと思います。皆さんも楽しいイラレライフを!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

★この記事をシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

★Yukiをフォローする