使うたび楽しい回転式日付スタンプ「シャイニー ミニデイトプリンタ」の印字を「年→月→日」の順に入れ替えたメモ

買い物から読書まであらゆるものがデジタル化される昨今ですが、体調の変化やToDoリストなど、日々のちょっとした記録を手書きで書くのが今だに好きな私です。

ただ、手書きの中でも日付の部分だけは綺麗な活字にしたいというこだわりがあって、Amazonで買った回転式日付スタンプ「シャイニー スタンプ ミニデイトプリンタ」を愛用しています。

【Amazonの商品ページ】
シャイニー スタンプ ミニデイトプリンタ 5号×4連 S-300UK 正規輸入品

こんな感じで上からと押すと中のゴム印部分がくるりと回転して日付をスタンプできます。

小気味良い動きがアナログ道具好きにはたまらない、使うたびちょっと楽しいアイテムです。

スタンプ台が中に内臓されている方式で、別途スタンプ台を用意する必要がないのも嬉しいところ。(スタンプ台はインクがつかなくなってきたら交換できます。)

とても気に入っているのですが、実はこのスタンプ、購入時は “22 OCT 2018” のように「日→月→年」の順番になっています。この順番はイギリス式らしいのですが、私は「年→月→日」の順にしたかったので、分解してゴム印部分を入れ替えるカスタマイズを行いました。

本記事では、入れ替えのやり方を紹介します。

この製品はもともとメーカーによって分解が可能とされているものではありません。ここで紹介する方法では結構無理やり力を入れて、製造元が想定していない分解を行いますので、失敗すると壊れて使えなくなる可能性が大いにあります。ご理解のうえ、自己責任で実施してください。
スポンサーリンク

印字面の入れ替え方

私は下記の記事を参考にさせていただいて分解・入れ替えを行いました。写真つきでとても丁寧に説明されているので、ぜひこちらの記事も合わせて参考にするといいと思います。

Shiny デート印の組み換え方法
以前記事にした ”Shiny デート印” で文字の組み換え方法のリクエストを頂きましたので,ちょっと紹介します。

このカスタマイズには2大難関ポイントがあります。結構大変なのですが、この2つのポイントを乗り切れば使いやすい順番の日付スタンプが手に入るのでがんばってください…!

本体を分解する

まずは本体を分解するのですが、ここがいきなり最初の難関です。

左に写っている黒い上部パーツを左右にぐいっと広げながら、グレーの下部パーツを外すのですが、これがそう簡単に外れません。

ぐぐぐっ…と片側ずつ外側に広げながら、がんばって外してください。うまくいくと黒い上部パーツ・バネ・グレーの下部パーツに分かれます。失敗すると壊れますのでくれぐれも慎重に…!

ゴム印部分をバラバラにする

グレーのパーツをひっくり返すと、底の部分に2つの黒くて細長いゴムパッドのようなものがはまっているので、2つとも外します。

これは簡単にぽろっと外れます。

次に、ゴム印部分を引き抜いて外します。

外すとこんな感じです。↓

このあと、ギザギザの歯車みたいなものとその横のパーツとの間にマイナスドライバーなどを差し込んで、隙間をこじ開けながら外します。わかりにくいですが、上の写真だと上側になっている、少し隙間が見える部分です。

ここにマイナスドライバーなどを差し込んで、ひたすらグイグイ動かしてこじ開けます。

これがまた大変な、2つ目の難関です。でもこれを乗り越えればミッション完了はもうすぐです!

マイナスドライバーをグイグイ動かして、少しずつ地道に隙間を広げていきます…。勢い余って手を滑らせてけがをしないように注意してください。

だいぶ隙間が広がったところ。↓

十分隙間が広がったら、手でボコッと外します。はずれた〜!(達成感)

この部分さえ外してしまえば、あとは簡単に下の写真のようにゴム印部分をバラバラにできます。

ゴム印部分を組み替える

あとは好きな順番になるように、ゴム印パーツを入れ替えます。文字の向きに注意しながら入れ替えましょう。ギザギザの歯車みたいな部分を回してきちんとゴム印を回せるようになっているかどうかにも注意してください。

希望通りに組めたら、さっきこじ開けて外したパーツを再び元どおりにはめて、ぐぐっと力を入れて閉じます。ゴム印の入れ替え方を間違えていた場合、このパーツをまた外すのは超大変なので、合っているかどうかしっかり確認しましょう…!

本体を組み立て直す

最後に、最初に外したバネを元どおりにグレーのパーツにはめて…

黒い上部パーツをガコッとはめ直します。

これで完了です。お疲れ様でした!

晴れて「年→月→日」の順でスタンプできるようになりました!

おまけ:線の上にきれいにスタンプするには

このスタンプでノートなどの罫線の上にきれいに日付を印字するには、スタンプするときに斜め横からのぞき込んで、左右両側のグレーの枠にある黒い小さな溝みたいな部分が、だいたい線の上にくるように調節するといいです。

最初は失敗しがちでしたが、何回かやって慣れるときれいに押せるようになりました。

なんだかタイプライターで打った文字みたいでいい感じ。

手書きのメモの中で日付の部分だけくっきりした活字になっていると、画面が締まるというか、いい具合に目立ってくれて見出しとして良い機能を果たしてくれます。

順番を入れ替える作業はちょっと大変ですが、そこさえクリアできればとても使いやすくておすすめの日付スタンプです。

シャイニー スタンプ ミニデイトプリンタ 5号×4連 S-300UK 正規輸入品

追記:賞味期限表示に使う活用方法

このスタンプを使って食材の賞味期限を表示する活用方法について、下記の記事でシェアしました。こちらの記事もぜひどうぞ。

日付スタンプで食品の賞味期限を表示。個包装の期限もわからなくならない
以前の記事で紹介した日付スタンプ「シャイニー スタンプ ミニデイトプリンタ」を、食品の賞味期限のメモにも使っています。 この日付スタンプは、元々は「日→月→年」の順番になっています(英国式)。私は上記の記事の通り、スタンプ...

 

いいもの
スポンサーリンク
From Fukuoka
タイトルとURLをコピーしました