1リットル4.2円!一人暮らしの浄水器はBRITA(ブリタ)がおすすめ。使い方やコストを徹底レビュー!

2年ほど前からポット型浄水器「BRITA(ブリタ)マレーラ Cool」を使っています。飲み水に・料理に・炊飯にと大活躍中で、ほとんど使わない日がないほどです。

蛇口に取り付ける浄水器と違って、冷蔵庫に入れておけば、冷たく冷えた飲み水がすぐに使えます。なんといっても夏場に、氷で薄めることなく冷たいカルピスを作ることができて超便利!

蛇口に取り付けるタイプの浄水器と迷ったのですが、こちらを選んで色々とメリットが大きかったので、豊富な写真付きでご紹介します!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

BRITA マレーラ Coolの概要と使い方

「BRITA(ブリタ)マレーラ Cool」とは?

そもそも「ポット型浄水器って何?」という方も多いかと思います。

ポット型浄水器(浄水ポット)とは、中が二層構造になっていて、フィルターが内蔵されたカートリッジで水を「ろ過」することによって、きれいでおいしい飲み水を作るものです。カートリッジは、ブリタの場合2か月を目安に交換します。

私が使っているのは「ポット型浄水器 BRITA(ブリタ) マレーラ Cool」。機能だけでなく、美しい流線形のフォルムの見た目も気に入っています。

こちらのカートリッジをセットして使います。

公式サイトはこちら

まずは構造をご紹介。ブリタは本体、ろ過部分、フタの3つのパーツに分かれます。

ろ過部分を本体にセットすると下のような感じ。真ん中のくぼみの部分に、専用の浄水カートリッジ(後述)を取り付けます。このろ過部分には、公式によるとおよそ1.4リットルの水が入るということです。

本体は透明、ろ過部分は半透明のプラスチックです。軽くて丈夫で、中の水の量が一目でわかります。細身の麦茶用ポットなどと違い、底まで手を入れて思いきり丸洗いできるのがいいですね。

本体とろ過部分は食洗器の使用もOKですが、フタ部分についている液晶部分(後ほど説明します)の故障の恐れがあるため、フタは洗わない方がよいとのこと。とはいえ、私はササッと手洗いしちゃってます。今のところ壊れる気配はありません。

フタをセットして傾けると、注ぎ口がカパッと自然に開くようになっていて、片手で楽に注げます。

水を入れるときは上部の「フリップトップ式フタ」の部分を開けて、水を注ぎます。取っ手を握った手の親指でヒョイと開けられるようになっているので、水を補充するときも片手で簡単に行えます。フタを完全に外して注水してもOKです。

フタには液晶部分(上の写真の黒い部分)があり、カートリッジを交換してからの経過時間を示して交換時期を教えてくれます。2週間たつと黒い線が1本表示され、線が4本表示されたら、カートリッジ交換の時期ということです。

水をきれいにするのは「マクストラカートリッジ」

こちらが水をろ過する「MAXTRA(マクストラ)カートリッジ」交換の目安は2か月です。

「1日あたり3.5リットル使用した場合の交換の目安が2か月」だそうですが、私は1日に3.5リットルも使っていないような気がするので、3か月くらい使っちゃったりします。そのあたりは使用量によって調整するといいと思います。

公式サイトによると、カートリッジの中身は「イオン交換樹脂」や「食品級の安全性が認められた活性炭」だそうです。これらで水道水の鉛や塩素などを除去して、安全性と味を良くする仕組みです。

カートリッジは持ってみると意外と重みがあり、振ってみるとかすかにサラサラ、パラパラと音がして、砂っぽいものが入っていそうな感じがします。

このカートリッジをろ過部分の底にしっかりとセットします。ちなみに取り外すときは、上部にあるプラスチックのリング状の部分を引っ張って外します。

実際のろ過の様子

浄水部に水を入れると、すぐにろ過された水が下からチョロチョロと流れ出します。

少しずつですが勢いよくどんどん出てきます。

ほぼ満杯 (1.4リットル) の水を入れて測ってみたところ、ろ過にかかった時間は約2分20秒でした。

蛇口に取り付ける浄水器に比べて、ろ過する時間がかかるわけですが、普段からブリタの水を使うたびに減った分の水を補充して冷蔵庫に入れておけばいつでも浄水がたくさんできているので、ろ過を待つのが面倒と感じたことはほとんどありません。

ブリタを冷蔵庫に入れておけば、蛇口に取り付ける浄水器と違って冷たく冷えた飲み水がすぐに使えます。特に夏はこれがとても便利で、毎日氷で薄めなくてもキンキンに冷たいカルピスが作り放題です!

ドアポケットに収まる「マレーラ Cool」は一人暮らしにぴったりサイズ。

ブリタの浄水ポットには様々なバリエーションがあるのですが、私の重要ポイントはサイズでした。傾けると注ぎ口が開くブリタは横置きできないので、冷蔵庫のドアポケットに収まるサイズであることが必須だったのです。

「マレーラ Cool」は下の写真からわかるように、ドアポケットにすっきり収まるので、購入を決めました。

ギリギリではなく、少ーし余裕があるくらいなので出し入れもしやすいです。

もっとスリムな方がいいという方には、少し小さいサイズの「リクエリ」というモデルもあります。こちらは容量が1.1リットルです。

逆にもっと大きいのがよければ、容量2.2リットルの「エレマリス」も。ただ、ここまで大容量だと水を入れたときに重くなりすぎて、女性には使いづらいかもしれません。

炊飯や煮物・スープなどの料理にも使える十分な容量で、かつ、女性にも扱いやすいサイズとしては、やはり1.4リットルの「マレーラ Cool」がベストチョイスだと思います!

1リットルあたりのコストは?

ブリタのカートリッジ「マクストラ」は、3個入りパックがAmazonで2,500円ほど。1個で2~3か月使用できるので、3個だと半年から9か月分ということになります。

1リットルあたりのコストを計算してみます。公式サイトによると、「カートリッジ1個で200リットルの水をろ過できる」ということなので、3個で600リットルろ過することができ、1リットルあたり約4.2円ということになります。

2,500円 ÷ 600リットル =1リットルあたり約4.2円!

ペットボトルの水をスーパーなどで買うと、安くて2リットルで60円くらいではないでしょうか。ブリタだとかなり安く済むことがわかります。ペットボトルの水と違ってゴミが出ることもないので、その点もいいですね。

ついでに一日あたりのコストも出してみると、2,500円で半年(約180日)分なので、1日当たり約13.9円となります。

2,500円 ÷ 180日 = 1日当たり約13.9円。

Amazonのカートリッジの値段は、タイミングによってはもっと安くなることもありますし、8個入りのお得用パックなどもあるので、場合によってはさらに低コストになります。うまく利用すればかなりの節約になりそうですね。

蛇口取り付け型の浄水器と比較したメリットは?

当初は、蛇口に装着するタイプの浄水器の購入を検討していました。ただ、そのような浄水器を設置すると蛇口とシンクの間が狭くなって、洗い場を圧迫するんですよね。そうなると、シンクが小さい物件の場合、食器洗いがすごくやりづらくなってしまいます。

大学生の頃の一人暮らしでそういう経験があったので、ポット型浄水器の方がいいかなと思いましたが、購入して正解だったと思います。

そのほか、使ってみて思うのは「ブリタは見た目がおしゃれでインテリアの一部にもなる」ということ。対して「蛇口の先にどーんとくっついている浄水器」というのは何となく不格好であまりおしゃれではないかなあ…という気がしてしまいます。

水の味は?

私は硬水が苦手で、例えば硬水ミネラルウォーターの代表として知られる「コントレックス」(硬度1551だそうです)を飲んだ時はかなり飲みにくいと感じました。

ブリタでろ過した水は、なめらかな口当たりでとても飲みやすいです。私はサントリーの「天然水 阿蘇」の味と似ていると感じました。

「天然水 阿蘇」は硬度およそ80の軟水ということなので、ブリタでろ過した水も軟水になっていたのでしょう。ただ、ろ過した水の味や硬度は、お住まいの地域の水道水の質にもよるかと思います。(ちなみにブリタを使用当時の私は福岡市住まいです。)

ブリタの難点

とっても便利なブリタなのですが、たった一つだけ難点が。それは水を注ぐと、結構な確率で注ぎ口をつたって水がたれてしまうこと…。

ブリタの浄水ポットも、例えば液ダレしないことで有名HARIOの急須ぐらい切れの良い注ぎ口だったら、言う事なしなのですが…。注ぎ口の外側をつたってしまう水滴を、ふきんで拭きながら使っています。

とはいえ、入っているのは水なので、多少液ダレしたからといって、そんなに周囲を汚すことはありません。

また、前述のように「横倒しにして置けない」という点も、人によってはデメリットと感じるかもしれません。

おしゃれでかわいいカラーバリエーションも!

1リットル当たり約4.2円という超コスパのいい浄水ポット、「ブリタ マレーラ Cool」。一人暮らしにぴったりなサイズで見た目もシンプルでおしゃれ。とってもおすすめです。

上記のホワイトもシンプルでおしゃれですが、カラーバリエーションも色々あるようです!

2年間ほぼ毎日使ってきましたが、この先も引き続き大活躍しそう。とてもよいものなので、浄水器をお探しの方はぜひ浄水ポットも検討してみてください。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

★この記事をシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

★Yukiをフォローする