スマホにポケットを貼り付けるSinji PouchでiphoneとICカードを一体化した話(3年使った結果を追記しました)

ICカードをスマホとセットにして持ち歩きたい。でも手帳型ケースは使いたくない。

こんな希望を満たすスマホ用アイテムを探していたのですが、ぴったりのものが見つかりました。

スマホに貼り付けられる伸縮性のあるポケット「Sinji Pouch(シンジポーチ)」です。

スポンサーリンク

スマホに貼り付けるポケット「シンジポーチ」

製品の公式サイトはこちら。

Sinji Pouch Basic 3 — Sinjimoru
スマートフォン の後面に付けて使う接着式カード収納ポーチ

以前からICカードをスマホとセットで持ち歩きたいと思っていたのですが、よくある手帳型でフラップの内側にカードを入れるタイプのスマホケースは使う気になれませんでした。

なぜなら「スマホを使うたびにフラップを開く」という動作が面倒すぎるから…

このシンジポーチはそういう面倒臭さが一切ないので良いです。

Sinji Pouchの質感

Sinjimoruという文字の加工がある部分はレザーっぽい質感です。

ポケット部分は伸縮性があり、布とゴムの中間というか、スクール水着の素材みたいな感じ。

Sinji PouchをiPhone SE(第一世代)に貼ってみた

Sinji PouchをiPhone SE(4インチの第一世代)に貼り付けてみました。強力な粘着力でしっかりと貼り付きます。私は透明なケースの上から貼りましたが、直接スマホに貼り付けてもOKだそうです。

iPhone SEだとぴったりサイズです。本当に気持ちいいくらいめちゃくちゃぴったり。

厚みは3ミリほどでポケット等に入れるときも全く邪魔になりません。

ケースを外して裏側から見てみるとこんな感じです。しっかりとくっついてます。

エラー防止シートがついている製品を選ぼう

Sinji Pouchには「エラー防止シート」が付属するバージョンと、付属していないバージョンがあります

「エラー防止シート」とはICカードの読み取りが正しく行えるように、ICカードとスマホの間に挟むシートです。スマホの表面の金属やスマホから出る電磁波のせいでICカードが正常に使えないことがあるそうで、特にiPhone 6以降ではエラー防止シートなしでの使用は困難になっているらしいので注意が必要です。

そのため、iPhone 6以降で使う場合は必ずエラー防止シートがついているモデルを購入しましょう。下記のAmazon限定モデルはエラー防止シートがついています。

Sinji Pouchをスマホケースに貼る場合は、下のようにケースの内側にエラー防止シートを置いて、ケースとスマホ本体の間に挟む形にすればOKです。

Sinji Pouchをスマホに直接貼る場合は、ICカードの下にエラー防止シートを重ねてポケットに入れるようにするといいです。

ICカードを入れてみた

Sinji Pouchに我らが福岡のICカード「nimoca(ニモカ)」を入れてみます。

フェレットのキャラクターがちょうど見えてかわいい

カードはレザーっぽい下の生地との摩擦でしっかりとホールドされていて、逆さまにしても落ちることはまずなさそうです。

かつ、ポケット部分の生地は伸縮性があり、下のレザー生地にはコの字型の切れ込みがあるので、カードを取り出したいときは楽に取り出せます

普段は絶対カードが落ちたりしないけど、チャージのために取り出したいときはサッと取り出せるのがめっちゃ優秀!!

ICカード以外の物も収納できる

Sinji Pouchは伸縮性抜群なので、ICカード以外にもイヤホンなどを入れることができます。

よく伸びてちゃんと元に戻るので、小さなものをちょっと入れておきたいときには便利そうです。(ずっと入れっぱなしだと生地が伸びちゃうかもしれませんが…)

お札やふせんなど、薄いものを入れておくのには最適だと思います。

ただし、ICカードの上に金属や磁気のあるものを重ねて入れるとICカードの読み取りができなくなるかもしれないので要注意です。

Sinji Pouchの残念なところ

便利なSinji Pouchですが、強いて言えば透明なケースを使っているiPhoneユーザーにとっては、Appleマークが中途半端に隠れて微妙な見た目になるのが残念ポイントかもしれません。

写真のように、ケースの内側に置いたエラー防止シートによってAppleのリンゴマークが3分の1くらい隠れます。

私は便利さのメリットの方が上回るのでこのまま使っていますが、見た目を気にする人には大問題かも?

Appleマークが中途半端に隠れるのが気になる人は、いっそのこと不透明なケースを使ってマークを全部見えなくした方が良さそうです。

以上、スマホにポケットを貼り付けられるSinji Pouchのご紹介でした。

「ICカードをスマホと一緒に持ち歩きたいけど、手帳型ケースはやだ(*´-`)」という人にとってもおすすめです。

追記(2020年5月):3年使った結果

3年使ったらこうなった

シンジポーチをかれこれ3年ほど使ったので結果を追記。さすがにだいぶ汚れましたね…

が、汚れただけで破れたり剥がれたりは全くありませんでした。使用中、カードが飛び出てしまうようなことも皆無でした。

綺麗にはがせるか?

さすがにそろそろ替え時っぽいので剥がしてみました。すると…(ほぼ)綺麗にはがれた\(^o^)/!

はがしたケースを見てみると、つるっと綺麗です。

ただはがし始めの部分のやり方が悪く、そこだけ少しノリが残ってしまいました。(中央の白い塊の部分がノリ。その他の細かい線はケースについた傷です)

一応ほぼ綺麗にはがせますが、このようにノリが残る場合もあるので、スマホ本体に貼り付けるのはやめた方がいいかもと思いました。

ご参考になれば幸いです\(^o^)/

タイトルとURLをコピーしました