フライパン用魚焼きシートが便利すぎて「焼き魚」が一番よくやるメニューになった!

私は魚料理が大好きです。我が家で魚を焼くときに使っているのが「魚焼きシート」。焼き魚って面倒なイメージがありますが、このアイテムを使えば、焦げ付かないうえにフライパンもお皿も洗う必要がなくて、「肉料理より卵料理より何より、焼き魚が一番ラク」になるんです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

フライパン用シートで簡単調理、洗いもの要らず。

私が愛用しているのはこちらの「クックパー」。

よく焼くのは「さばのみりん干し」。あとは焼くだけの状態で売ってあるものを買ってきて、シートをしいたフライパンにのせて焼きます。油をしかずにそのまま魚を乗せてOKです。

ちなみに、使っているフライパンは T-fal の9点セット中の、22センチのもの。幅25センチの魚焼きシートがぴったり合います。上の写真のように、取っ手の連結部分をしっかりとシートで覆って、汚れないようにするのがポイントです。そのために、シートは少し長めに切り取った方がいいです。

熱の通りはとても良く、ジュージューといい音を立ててよく焼けます。

焼き上がったら、シートの対角線上の端と端を持って、そのままお皿へ。T-fal なら、フライパンごと食卓へ持って行って、取っ手だけ外すこともできます。

おいしそうに焼けました。

食べきれなかった分はシートを折って包んで冷蔵庫に入れておけば、食べる時にまたシートごとフライパンに乗せて温めることができます。そして見事に下のお皿は全く汚れていません。

フライパンも、調理後とは思えないほど、1点の汚れもありません。冷めたら、洗わずそのまま片付けてしまいます。

というわけで、魚焼きシートを使うようになって以来、「あとは焼くだけという状態の魚を買ってきて、シートにのせて焼く」というのが、簡単で洗い物も少なく、よくやるメニューとなっています。

「クックパー」には、上記の7メートルのほかに、3メートル、12メートルのものもあります。
大きいフライパンで使う場合は、こちらの幅が30センチのものが良さそう。

「フライパンを洗わなくていい」というだけで、後片付けはかなり楽に感じます。「焼き魚って焦げ付きそうだしあんまりやらない…」という人は、こういうシートを使えばすごく簡単なのでぜひ使ってみてください。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

★この記事をシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

★Yukiをフォローする