「冷凍スペースが大きい冷蔵庫」が全力でおすすめな理由。「買い物」と「料理」の回数が減った先には時短の世界。

いいもの

今の家に引っ越してくるときに冷蔵庫を買ったのですが、その際にすごく重視した条件が「冷凍スペースが大きいこと」でした。

そして色々探した結果、購入したのが下の写真のもの。シャープの「シャープ プラズマクラスター搭載 冷蔵庫 270L(幅54.5cm) 大容量ボトムフリーザー ホワイト系 SJ-PD27D-W」です。

冷蔵室169リットルに対して冷凍室が102リットルと、全体の約4割が冷凍室になっているタイプです。

スポンサーリンク

冷凍庫が大きいことのメリット

自炊をする・しないに関わらず、冷凍スペースの容量が大きいことのメリットはウルトラスーパー大きいです。

冷凍スペースが大きければ、買ったものも作ったものも、どんどん冷凍できる!ひたすら冷凍しまくった先にあるのは、買い物と料理の回数を減らして数日に1回にできる、効率的な時短ライフです。

自炊しない人の場合も冷凍食品を買うことが多いので冷凍スペースの多さはメリット大ですし、自炊する場合、冷凍スペースが十分あれば、切った野菜や肉などの「下処理済み食材」を週1ぐらいでまとめて用意しておき、冷凍しておけば、「あとは使う食材をピックアップして加熱するだけ」の状態になるので、自炊がぐぐっと楽になります。

ハンバーグなどの作った料理を冷凍保存しておくときにも、大きい冷凍スペースは大活躍します。

ちなみに手作りおかずの冷凍保存については下記のレシピ本がおすすめです。手作りのおかずを冷凍保存する際の注意点やポイントがわかりやすく載っていて色々応用が効き、どんどん冷凍したくなります。

特に私は買い物や料理をする時間をすごくもったいないと感じてしまうので、買い物・料理の回数をなるべく少なくしたいという思いがありました。そのためには、買い物も食材の下処理も料理もできるだけ1回でまとめてやって、たくさん冷凍保存しておいてそこから使うのが効率的という結論に至りました。つまり「うちの冷蔵庫スーパー化計画」です。そのために冷凍庫スペースがなるべく大きい冷蔵庫を買いました。

おかげで、我が家は現在フルタイム共働きカップルですが、自炊と冷凍食品の利用をうまく組み合わせながら、効率的な食生活を送ることができています。

冷凍庫が大きい冷蔵庫「シャープ SJ-PD27D-W」の概要

冷蔵スペース

冷蔵スペースは至って普通の冷蔵庫という感じです。上二段の棚板は少しですが高さを変えられます。

ドアポケットの最下段は前後2列になってます。手前の列は牛乳パックや2リットルのペットボトル飲料など、後ろの列はドレッシングなどを入れるのにぴったりの幅です。

引き出しが二段ついていて、上がチルドスペース、下が野菜室です。難点を上げるとするならば、普通の冷蔵庫に比べると、冷凍スペースを大きく取った分、野菜室が小さいです。とは言ってもキャベツ2.5玉ぐらいは入る容量なので、我が家には十分なサイズです。

冷凍スペース

こちらが大容量の冷凍スペース、その名も「大容量ボトムフリーザー 」。三段構造になっています。

一番上はトレイ状になっていて、手前に引き出せます。うちではここはご飯やパンなどの主食を冷凍するスペースにしています。

↓ご飯・パンを冷凍しているところ。たくさん入るのでご飯をまとめて炊いて冷凍しておけます。ご飯を炊くのが数日に1回でよくなるので、本当に共働きにはありがたいです。炊飯自体はスイッチを押すだけなので別にいいんですけど、炊飯器の釜を洗うのが結構面倒なんですよねー。(まとめて炊きたいという理由から、我が家では2人暮らしですが5合炊きの大きめの炊飯器を使っています。)

ちなみにご飯の冷凍には「キチントさん ごはん冷凍保存容器」を使っています。蒸気弁を開ければ蓋をしたままレンジでチンできて、ご飯の温め専用の特殊な形をしているためムラなく温まって、冷凍ご飯でもおいしく食べられるのでおすすめです。

 

冷凍ご飯生活にはなくてはならないアイテムなので、うちでは「一膳」タイプと「大盛」タイプをたくさん買い込んでいます。普段は一膳でちょうどいいのですが、カレーのときなんかはごはんをたっぷり食べたいので、「大盛」の方の冷凍ご飯を温めます。大盛りが青で普通盛りが水色とサイズによって色が違うので、ひと目見て取りたいサイズの冷凍ごはんをパッと見分けて取れるのもいいです。

二段目は引き出しになっていて製氷スペースがあります。製氷は自動ではなく、自分でやる必要があります。製氷トレイがちょっぴり貧弱なので、氷をよく使う方は100均などで買い足すといいです。

三段目の引き出しは一番容量が大きくなっています。

少し冷凍食品を入れたところ。まだまだ入ります。

外観

この冷蔵庫の前面はオフホワイトにベージュの縞模様がうっすらと入っています。(側面は真っ白)

で、下の写真でわかるでしょうか…?ちょっとキラキラしたラメみたいなのも入っているんです。これがけっこういい感じで気に入ってます!

まとめ:「冷凍庫が大きいこと」はすばらしい!

よくある冷蔵庫ってなぜか冷凍スペースが冷蔵スペースよりずっと小さいものが多いですが、「冷蔵室にはそれほど日持ちしないものが、冷凍室には長期保存するものが入っている」という前提を考えれば、冷蔵室よりも冷凍室の方が大容量である必然性があると思います。

一度大容量の冷凍スペースがある冷蔵庫を使ってみると、少なくとも「買い物・料理を低頻度で効率的にしたい」と思う私のようなタイプにはものすごく便利で理にかなっていて、もう冷凍庫が小さい冷蔵庫には戻れません!

生活が変わるレベルですごーく便利なので、冷蔵庫を買う際はぜひ「冷凍スペースの大きさ」も選ぶポイントにしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました