自宅でゆっくり試着できるAmazon Prime Wardrobe (プライム・ワードローブ)を使ってみました。どんどん生活が便利になってく。

Amazonのプライム会員向けサービスPrime Wardrobe(プライム・ワードローブ)を使ってみました。

スポンサーリンク

Amazon Prime Wardrobe(プライム・ワードローブ)はプライム会員向けの試着サービス

Amazonより

プライム・ワードローブはAmazonが2018年10月からスタートしたプライム会員向けの新しいサービスです。

Amazonで対象アイテムの中から2点以上〜6点までを選んで自宅に取り寄せ、自宅でゆっくり試着をしたうえで「買いたい」と思ったものだけを購入し、買わないものはAmazonに送り返せばOKというもの。

自宅で7日間まで試着でき、料金は試着後、Amazonのページで購入確定の手続きをした時点で、購入するアイテムの分だけ発生します。

購入しないアイテムの返送も、届いたときの箱に入れて、箱に入っていた送り先記入済みの着払い伝票を貼り付けて送るだけなのでとても簡単です。私はヤマト運輸の集荷サービスをネットで申し込んで自宅まで集荷に来てもらったので、本当にすべて自宅で完結できました。

対象アイテムには洋服のほか、靴、バッグ、腕時計、アクセサリーなど色々あります。

対象アイテムの探し方

プライム・ワードローブの対象アイテムは、価格の下あたりに「Prime Wardrobeを無料でお試しください」と表示されています。

対象アイテム一覧を表示したい場合は、下の画像のように左メニューの「Prime Wardrobe」にチェックを入れると表示されます。

さらに商品カテゴリやブランド、価格帯で絞り込めるので、結構効率的に条件に合うものを探せます。お気に入りのブランドのものを一通り見てみるのも楽しいです。

利用の流れ

1. アイテムを選んで発送

試着したいアイテムを選んで、通常の買い物と同じようにカートに入れていきます。

注意点として、1点だけの試着はできず、1回の利用で2点以上6点までを選ばなければなりません。

今回私は歩きやすいサンダルを探していたので、下記のようにクロックスのレディースサンダル1足と、レビューで履きやすいと高評価だったファーストコンタクトというメーカーのサンダルのMサイズとLサイズを試してみることにしました。

こちらのサンダルは、サイズについて「ちょうどよかった」というレビューも「小さめの作りでした」というレビューもあったので、2サイズ試してみることにしました。

サイズもカラーも同じである同一商品を2つカートに入れることはできないのですが、このようにサイズ違いやカラー違いを試すのはOKです。色味が気になるけど画面ではよくわからない…という場合も、複数取り寄せて実物を見ることができます。

アイテムを選んだら発送に進みます。通常の購入と違って、発送してもまだ料金は発生しません。

ここでの注意点として、通常のプライム対象商品の購入時と違い、Amazonの発送画面では受け取り日時の指定ができませんでした(商品によるのかもしれませんが)。

と言っても、通常と同様に発送通知メールなどでお問い合わせ伝票番号はわかるので、宅配業者のお届け日時指定サービスを使って後から指定することができたので特に問題ありませんでした。

2. 届いたアイテムを試着

発送手続きをして2日で荷物が届きました。一度開けたあとに返送に再度使える特殊な段ボールに入っています。

フタをめくると剥離紙が貼ってあります。返送するときはこれをはがして貼り付けてフタを閉じればよいのでガムテープいらずです。

こんな感じで3足入っていました。(1足は紙のクッション材の下)

中には使い方を説明するパンフレットも入れられています。

画像には写っていませんが、この中に返送用の伝票(着払い)も入っていました。

早速ゆっくりアイテムを試します。試着・試し履きは室内のみで、タグをつけたまま行います。明らかに汚してしまったり、生地にひどいシワをつけてしまったりした場合は買い取らなければならなくなるそうなので、大切に扱いましょう。

返送時にはもとの状態にして梱包しないといけないので、靴の中に入れられている詰め物などは丁寧に取り出して置いておくのがいいです。

ちなみに届いたアイテムのコンディションは、2足は綺麗でしたが、上記のクロックスはなんとなく布地部分がほんの少し汚れているかも?と思いました。

おそらく、試着用のものが使い回されているので、ほかの人が試着した際や返送した際に多少シワがついたり汚れたりすることがあるのだと思います。もし「商品は気に入ったけれど汚れ等が気になるので新品を買いたい」という場合は、返送して新品を通常の方法で購入すればOKです。

私の場合は「ひどい汚れじゃないし、靴はどうせ履いたら汚れるし」と思い、上記のクロックスは履きやすくて気に入ったので購入することにしました。もう1つのサンダルもとても履きやすかったので、Lサイズを購入することに決定。

3. 購入・返送手続き

購入するものと返送するものを決めたら、「購入・返送手続き」をします。

アイテムが届くとステータスが配達済みになり、注文履歴から「購入・返送手続き」ができるようになります。

アイテムごとに「購入」か「返送」を選択します。返送を選択したアイテムについては理由も選択します。「不要になった」「小さすぎる」「色」など、ありそうな理由は大体用意されていて親切。

購入を確定したらAmazonでの手続きは完了です。最後に購入しないアイテムを返送します。

届いたときの箱に返送するアイテムだけを入れるのですが、当然入れるものが減ってスペースが空くので、紙をクシャクシャにしたものや段ボールを折ったものなんかを詰めるといいです。私は購入したサンダルの空き箱をそのまま入れておき(すぐに空き箱だとわかるようにフタは全開で)、あとは元々入っていた紙のクッション材で埋めました。

中身を詰めたら、入っていた着払い伝票に自分の住所と内容物を記入(「衣類」「靴」などでOKです)したものを貼り付けて、返送の準備完了です。

あとは業者の配送センターに持ち込むなりコンビニに持っていくなりして発送すればいいのですが、ヤマトの集荷サービスを利用すると便利です。下記のページからネットで申し込みができ、日時を指定して自宅に集荷に来てもらえます。

集荷申し込み | ヤマト運輸
登録情報やアドレス帳、履歴を使って、簡単に集荷を申し込みできます。webから集荷をお申し込みいただくと、送り状なしで荷物を送ることができます。

プライム・ワードローブの返送は着払いなので、集荷の際も荷物をヤマトの人に渡すだけで支払いは無しです。すごい便利!

生活を変えるサービス。さすがのAmazon。

初めてプライム・ワードローブを使ってみた感想は、伝票もほぼ記入済みで用意されてるし、段ボールを閉じるのにガムテープすらいらないし、至れり尽くせり…という感じでした。利用者のハードルを可能な限り下げに来ているのが伝わります。

実際にやってみて、自宅での試着というのはすごくニーズがあると感じました。お店だと店員さんに話しかけられるのが苦手という人もいるし(私です)、他人がいる所だとじっくり検討できないという人もいます(私です)。

また、プライム・ワードローブの対象アイテムにはベビーシューズなんかも豊富にあって、小さな子を持つ親御さんにも便利かもと思いました。お店だと荷物もあって子どもに試し履きさせるのが大変とか、なかなかお店に連れて行けない…といった場合に、これなら自宅でゆっくり試せていいかもしれません。

そのほか、ランドセルカバーなんかもありました。眺めてみると意外なものもあったりして面白いです。

最近「Amazonでの買い物がしにくくなった」という声をよく聞くし、確かにそう感じることもありますが、こうやって社会の当たり前をガラッと変えて行っちゃうところはさすがと思わざるを得ないです。やっぱりAmazonなしではもう生活できないし、Amazonがあると生活はものすごく便利になる。プライム・ワードローブはそれをあらためて実感させるサービスでした。

プライム・ワードローブはAmazonプライム会員なら追加料金なしで利用可能。Amazonプライムは30日間の無料体験ができます。無料体験中の人もプライム・ワードローブを利用可能です。

学生の方はさらにお得なPrime Studentが利用できます。年額2,450円 or 月額250円(2019年6月10日時点)で映画見放題+音楽聴き放題+本読み放題の大盤振る舞いです。こちらは6ヶ月間のお試し体験が用意されていて、こちらも無料体験中でもプライム・ワードローブが使えます。

いいもの
スポンサーリンク
From Fukuoka
タイトルとURLをコピーしました