大容量なのに省スペースなゴミ箱。山研工業のダストスタンドが良くて2個買った話

我が家のゴミ事情については長い間、大きなゴミ袋をそのまま床に置くという超雑なスタイルだったのですが、掃除のたびにどかすのも面倒だし…ということで、今の家に引っ越すときにゴミ箱の購入を考えました。

最終的にごみ袋スタンドを採用したら、とても良かったよという話です。

スポンサーリンク

条件は大容量と省スペースの両立

ゴミ箱の条件としては、45Lのゴミ袋の容量を最大限に活かせるように大きいものがいい。だけど、大きなゴミ箱を買うのは置き場所を取ることや処分するときに大変という理由から避けたい…。

大容量と省スペースの両立は無理か?と諦めかけましたが、ダストスタンドを採用することによって華麗に解決しました。

山研工業のダストスタンド。君に決めた

下記の山研工業のダストスタンドを購入しました。45Lのゴミ袋がぴったりかけられるサイズです。

骨組みだけなのでとても軽く、処分するときも分解して燃えないごみで簡単に出せます。引っ越しのときなんかも、分解してまとめればかさばらず段ボールに入れられます。巨大なゴミ箱だとそうはいきません。

45Lのゴミ袋を取り付けたところ。

ゴミ袋の底の部分は床につかず、少し浮く形になります。

口部分が大きく空いていてゴミを入れやすいです。

45Lのゴミ袋の場合、ピッタリのサイズになっているので少し引っ張って伸ばしながら取り付ける形になります。このサイズ感が絶妙で、適度に引っ張られているのでスタンドに袋がしっかりと固定されており、ほぼずれることがありません。

取り付け・取り外しが袋を引っ張りながらになるので両手で行う必要があり、小さい子どもの育児中で常に片手が塞がった状態で家事をする、みたいな人には不向きかもしれません。

とはいえ45Lのゴミ袋の容量を最大限に活かすことができ、軽くて掃除のときの移動もしやすいので、我が家にはぴったりでした。

難点:多少ぐらつく&見た目は微妙

難点としては、組み立て方が悪かったのだと思いますが、底の部分が平らになっておらず少しだけぐらぐらします。

たぶんジョイント部分に金属の棒をもっとしっかり差し込めば解消しそうな気がするのですが、結構力が必要で、「多少ぐらぐらしても別に困らないしいいか」と思いそのままにしています。

家具の組み立て用のハンマーとかを使えば、もっときちんと組み立てられると思います。

それから見ての通りゴミ袋丸出しなので、見た目のオシャレ感はないです。(ごみが入ると特に…)

おしゃれゴミ箱といえばシンプルヒューマン。一時は欲しいと思っていましたが、高すぎるのと場所をとること、処分が大変そうなことから却下。ゴミ箱におしゃれさを求めるのはひとまず諦めました…。

見た目が気になる方は、下記のような目隠しのついたものの方がいいかもです。

2つ並べても省スペース

こちらのダストスタンドが良い感じだったので後日もう一つ購入。写真ではもえるごみの袋がかかってますが、一方はペットボトル用にしています。

2つ並べても場所をとらないし簡単に動かせるので、狭い我が家には最適です。

大容量かつ省スペースなゴミ箱を求めている方はぜひ!

タイトルとURLをコピーしました